このブログについて【胃がんを治すために】2年間の治療まとめ

突然の吐血、輸血、入院、肝臓に転移したスキルス胃がん、末期、余命半年……。あの日から2年が経ちました。

治療を2年間続けること。これは私にとって大切な目標でした。胃がんを治すため、その2年間になにを考え、どうなったのか?これから少しずつまとめていきたいと思います。

  1. ブログで伝えたいこと
スポンサーリンク
Google AdSense PC

このブログについて

いろんな思いを形にするため、私はブログを選びました。

ブログをはじめるきっかけ

治療をはじめた2年前、私は胃がんを治すため、他の人が何をしているのかすごく知りたかったです。そしてたくさんのブログ・闘病記を見て、いろんなことを学びました。

  • 「知っていること」と「できること」はぜんぜん違う
  • 情報は古くなっていくけど、知恵や工夫は古くならない
  • わからないとき、困ったとき、迷ったときにできること
    ……

私の経験も、だれかの役に立つかもしれない。そんな思いが少しずつ強くなっていき、できる限りわかりやすく具体的に公開することにしました。

ブログで伝えたいこと

私はブログに感情的な表現をあまり使いません。そのため、いわゆる闘病記とは違う印象を受けると思います。

拝見したブログ・闘病記には、感情的な表現が多く綴られたものもたくさんありました。読んでいて共感はできるけど、すごくつらい内容になったり、自分の未来が書いてあると錯覚してしまうこともありました。

そして私は、自分が「考えたこと・やったこと・その結果」だけをシンプルに伝えようと決めました。もしかすると、これが2年前に私が見たかったブログだったのかもしれません。

毎年一緒に、2人で桜を見るために

2016年4月。肝臓に転移したスキルス胃がんとわかり、私は再入院していました。病室の窓からは、満開の桜が見えていました。

家から病院へ向かう途中に、ちょっとした桜並木があります。その道を嫁がどんな思いで歩いて来たのか想像すると、すごく胸が苦しかったです。

(すまん……。来年は、笑顔で桜並木を歩かせてやりたい。そして毎年一緒に、2人で桜を見たい)

あれから2年、今年も嫁と2人で桜を見ることができました。

このブログには、あの日、自分とした約束を思い出すことができる私だけの秘密があります。これからも生き続け、このブログを更新して「頑張ろう」と思っていきたいです。

このブログは私の財産です

私は、多くの人に支えられて生きています。その大切な人たちとブログを通じてたくさん知り合うことができ、お会いすることができました。

治療を2年間続けることは、私の目標のひとつでした。これを達成することができたのも、みなさんのおかげです。本当に感謝しています。ありがとうございました。

これからも、よろしくお願いいたします。

平八郎

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 私の経験が、だれかの役に立つかもしれない。
  2. 「考えたこと・やったこと・その結果」を伝える。
  3. 大切な人たちと、たくさん知り合うことができた。
  4. 2年を達成できたのは、みなさんのおかげです。ありがとうございます。

【毎日更新】病院で聞けない話
いま一番読まれている癌ブログ・闘病記

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ご意見ご感想など、お気軽にコメントお問い合わせからどうぞ。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る