抗がん剤【副作用】アブラキサン+サイラムザ1クール目の症状・対策

289422

転院し、オプジーボをする前に、半年以上期間が空いているアブラキサン(パクリタキセル)+サイラムザでもう一度治療することにしました。

パクリタキセル+サイラムザは、過去3年間の治療で私に一番効果があった抗がん剤です。1クール目で、私に現れた副作用の症状と対策など。

  1. アブラキサン、サイラムザについて
  2. 1クール目に現れた副作用の症状と対策など
スポンサーリンク
Google AdSense PC

アブラキサン、サイラムザについて

アブラキサン+サイラムザの基本情報

必ずご覧ください

アブラキサン+サイラムザの治療内容等は、静岡がんセンターの患者さん向けの化学療法説明書もすごくわかりやすくておすすめです。病院でもらう冊子と一緒にご確認ください。

説明書を見る方法は、こちら↓をご参考ください。

いままで見た抗がん剤の説明書の中で、断トツにわかりやすくて情報量も多い患者さん向けパンフレット。 抗がん剤別に治療内容や注意事項、現れやすい副作用の時期、...

アブラキサンについて

パクリタキセルに「アルブミン」を加えた抗がん剤

アブラキサンとパクリタキセル(タキソール)は、基本的に同じ抗がん剤です。

パクリタキセルは生理食塩液に溶けにくく、アルコール(エタノール)を含んだ溶剤に溶かして点滴します。そのため、お酒に弱い人・車を運転して外来治療を受ける人には向かない抗がん剤です。(直後は飲酒運転になる可能性があります)

そのパクリタキセルにアルブミン(たんぱく質)を加え、生理食塩液に溶かしやすくした抗がん剤がアブラキサンです。

  • メリット
    • お酒に弱い人、飲めない人でも抗がん剤治療を受けやすい
    • 車やバイクを運転して外来治療を受けることができる
    • 少ない生理食塩液に溶けるので、点滴時間が短くなる
  • デメリット
    • アルブミンは、献血など人の血液からつくられます。加熱処理やウイルス・細菌検査はするけど、感染する可能性を100%排除することはできません。
    • そのためアブラキサンで治療した記録は、その病院に最低でも20年間保管されます。

3度目のトライ

蓄積で現れやすい副作用があります

パクリタキセル+サイラムザは、過去3年間の治療で私に一番効果があった抗がん剤です。抗がん剤を変更しながら合計23クールしていて、最後に投与したのが2018年9月です。

パクリタキセルとアブラキサンは基本的に同じ抗がん剤なので、すでに症状(後遺症)として現れている副作用があります。よければ、こちら↓もご参考ください。

パクリタキセル(タキソール) サイラムザ(ラムシルマブ) スキルス胃がん+転移性肝がんステージ4の私が、2年間続けている抗がん剤です。 副作用...
肝臓に転移したスキルス胃がんの治療を続けて2年半、抗がん剤(パクリタキセル)の蓄積で「末梢神経障害」の副作用が出はじめました。 末梢神経障害は長引くことが...

これまで投与した抗がん剤や検査結果は、当日にツイッターで公開しています。

289421

1クール目に現れた副作用の症状と対策など

むくみ

食欲が落ちる口内炎に注意
  • 顔(軽度)
  • 足(軽度)

アブラキサン(パクリタキセル)は、もともと口内炎になりやすい抗がん剤です。むくみは、そのきっかけになることがあります。

顔がむくむと、食事中に「ほっぺ」「くちびる」「舌」を噛みやすくなります。少しずつむくんで気づきにくく、そこそこの力で噛んでしまうのでかなり痛いです。骨髄抑制で白血球が少ないと治りが遅く、食欲も落ちていくので注意しています。

  • ゆっくり食べる

また、のど(食道)がむくむと誤嚥して肺炎になる危険性も出てくるので気をつけています。

肝臓に転移したスキルス胃がんの治療を続けて2年。抗がん剤(パクリタキセル)の副作用で、顔や手足がむくみます。 むくみ(リンパ浮腫)の原因・セルフケア・対策...

発疹・吹き出もの

地味に痛い
  • 顔(少し)
  • 頭(少し)

説明書・冊子には載っていないけど、私はアブラキサン(パクリタキセル)で発疹・吹き出ものができます。がんサロンでお会いした人もできていたので、少数派だけど一般的な副作用と思います。

大きくなりやすく、触ると地味に痛いです。副作用が強くなってくると、首・肩・背中・胸と広がっていきます。症状を緩和させる薬は、エクラーを使っています。

骨髄抑制(白血球の減少)

治療を続けることが、きびしいレベル

いろんな抗がん剤が蓄積していて、アブラキサン(パクリタキセル)を2週投与しただけで白血球が4710から690まで下がりました(基準値:3500以上)。限界ギリギリの最終防衛ラインは500だけど、いつ感染して肺炎になってもおかしくないレベルです。

結局、白血球を強制的に増やすG-CFS製剤フィルグラスチム(グラン)を4日連続注射して回復しました。

G-CFS製剤は白血球を増やせるけど、体にかかる負担も大きい薬です。気軽に打ち続けることはできないので、2クール目は2週目のアブラキサンを休薬(スキップ)する予定です。

抗がん剤を2ndラインから1stラインに戻して治療を再開したけど、どうしても越えられない副作用の壁がありました。 すぐに抗がん剤を中止し、症状を緩和。治療...

末梢神経障害(しびれ)

手足の指の「しびれ」

アブラキサン(パクリタキセル)による末梢神経障害は、代表的な副作用です。投与直後に一番起きやすいとのこと。これを繰り返すことで、消えずに後遺症として残ることがあります。

  • しびれ対策1
    • 点滴中に冷やす
    • 冷やすことにより毛細血管を収縮させ、指先の血流を減らす方法(冷えすぎ防止にコットン手袋で温度調節する)
  • しびれ対策2
    • 点滴中に加圧する
    • 弾性ストッキングやゴム手袋で毛細血管を圧迫し、指先の血流を減らす方法(テーピングなど、いろいろ工夫できる)

この方法は確かなエビデンス(治療効果の裏付け)はないけど、いろんな病院でしている対策です。私にはすでに手足のしびれが後遺症として残っていて、この対策で「しびれなかった」という実感は残念ながらありませんでした。

でも、この対策をすることで悪化を軽減し、「あのとき、ちゃんとしておけば…」と後悔することがないような気がします。

DMの内容、鍵付きのフォロワーさん情報は割愛しました。(後日、追記予定の対策あり)

私はたくさんの人に支えられ、ここまで治療を続けることができました。本当にありがとうございます。

肝臓に転移したスキルス胃がんの治療を続けて3年。抗がん剤の副作用が消えず、後遺症として残っている症状があります。 いままで通りの生活ができなくなっていく自...
看護師さんに聞いたパクリタキセル(タキソール、アブラキサン)のしびれを予防する方法・対策、冷却グッズのつくり方をまとめました。 抗がん剤の副作用・症状には...
エルプラットによる末梢神経障害は、症状や対策方法が違います。詳しくは、主治医・看護師さんにご相談ください。
【末梢神経障害】私の症状、対策や工夫、注意点など

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. オプジーボをする前に、もう一度アブラキサン(パクリタキセル)+サイラムザで治療することにした。
  2. 私は、多くの人に支えられて治療を続けることができています。本当にありがとうございます。感謝いたします。

毎日更新【病院で聞けない】がんの話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る