がんの治療【病院で手に入らないもの】自分しかできない大切なこと

26979041

ステージ4の胃がん治療を続けて約1年半。病院で、どうしても手に入らないものがあります。

これを手に入れることが私の目標・目的であり、主治医との二人三脚をイメージしやすく、がんの治療に対する考え方の原点にもなっていることです。

  1. がんの治療に対する私の考え方など
  2. 自分しかできない大切なこと
スポンサーリンク
Google AdSense PC

がんの治療に対する私の考え方など

がんは生活習慣病(慢性疾患)

がんは、糖尿病・循環器病(心臓病や脳卒中など)と同じ生活習慣病です。完治はむずかしく、治療が長期間になる病気です。

治すことより生活習慣を見直していい体調をキープし、一生つきあう慢性疾患と私は考えています。

末期の胃がんと告知されてから、生活習慣の改善に取り組んでいます。そして失敗しながら、いろんなことを学びました。 客観的に正しい・最善といえる行動をしている...

いま私が受けているがん治療

  1. 治療方法・抗がん剤を選択
  2. 治療に効果があるか確認
  3. 副作用を緩和する薬の処方

私のがん治療は、この3つを中心に行われています。言い換えると、主治医(病院)はこの3つを確認しながら、私の体からがんを消そうと全力で治療をしてくれています。

2016年4月、私はスキルス胃がん+肝転移でステージ4の末期がんと診断されました。それから1年半、がんを抗がん剤治療だけで小さくし続けています。 抗がん剤...

病院でできること、していないこと

まとめると、病院はがん(結果)の治療はできるけど、生活習慣(原因)まで直すことはしていません。

これを理解しておくことが、私のがん治療に対する考え方・原点です。

26979045

自分しかできない大切なこと

病院で手に入らないもの

健康な体、元気な体

私は、がんが治ることと健康な体になることは違うと考えています。

たとえば、病院へ行くと風邪は治るけど、風邪にならない健康な体や生活習慣にはなりません。がんの治療に限らず、健康な体・元気な体は病院で手に入らないと思っています。

自分しかできない大切なこと

自分に合った生活習慣に変える

生活習慣(原因)を変えるのは、がんを治すためではなく、全身を本来の健康な体・元気な体にするためです。治療中とか治療後とかも関係ないと思っています。

  • 主治医は、がんを治す
  • 私は、生活習慣を直す

がんの治療とは、こういう二人三脚じゃないかと私は考えています。

自分に合った生活習慣・生活リズムは、自分でしか変えることができません。これからも私は、主治医にアドバイスをもらいながら、自分しかできないことを大切に治療を続けたいと思います。

末期のスキルス胃がんと告知された私は、偏った情報に混乱し、極端な行動をして勝手に治療を続けられない体に弱っていきました。 これは、がんと告知されて私の身に...
がんの治療をはじめたころ、私は生活習慣を改善してがんを消そう!治そう!と思って毎日取り組んでいました。それから1年、生活習慣の改善には もっと大切な考え方...

生活習慣を変える参考になるサイト

厚生労働省が運営する生活習慣病を予防するための情報サイト「e-ヘルスネット」

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 病院は、がん(結果)の治療はできるけど生活習慣は直せない。
  2. 病院で、健康な体・元気な体を手に入れることはできない。
  3. 生活習慣(原因)の改善は、本来の健康な体にするため。
  4. 主治医はがんを治し、私は生活習慣を直す。
トップへ戻る