転移性肝がん【CTの比較画像】告知から1年4か月後

22473513

2016年4月にスキルス胃がん+転移性肝がんと分かり、末期がんと診断されました。それから1年4か月経った転移性肝がんを比較したCT画像です。

  • 告知された直後
  • 1年1か月後
  • 1年4か月後

そのCT画像を比較しながら主治医と話したこと、今後の治療、インチキ診療のことなど。

  1. 転移性肝がんのCT画像比較(2か所)
  2. インチキ診療のCT画像トリックについて
  3. 主治医と話したこと、今後の治療など
スポンサーリンク
Google AdSense PC

転移性肝がんのCT画像比較

【CT画像の一覧】

2016年4月(がんを告知された直後
転移性肝がんCT画像2016年4月

2017年5月(1年1か月後
転移性肝がんCT画像2017年5月その1 転移性肝がんCT画像2017年5月その2

2017年8月(1年4か月後)
転移性肝がんCT画像2017年8月その1 転移性肝がんCT画像2017年8月その2

転移性肝がん(1)CT画像比較「上部」

2017年5月(1年1か月後)
転移性肝がんCT画像2017年5月その1詳細

2017年8月(1年4か月後)
転移性肝がんCT画像2017年8月その1詳細

CTの検査には、ふつうに撮影する単純CTと、造影剤を使って撮影する造影CT(ダイナミックCT)の2種類あります。造影CTは、血管を白く写してがん細胞をハッキリ確認できるのが特徴。そして今回から、小さくなったがんを造影CTで確認していく予定です。

肝臓上部の転移性肝がんは、前回と比較してさらに縮小。うち1か所は、消滅と言っていいほど確認できなくなっていました。もしこれが血管だったら、白く写ります。

転移性肝がん(2)CT画像比較「下部」

2017年5月(1年1か月後)
転移性肝がんCT画像2017年5月その2詳細

2017年8月(1年4か月後)

肝臓下部の転移性肝がんも、さらに縮小。抗がん剤に、耐性をつけていないことも確認できました。

スキルス胃がんに関しては、造影CTでも確認できないほど範囲が狭くなっている(一部寛解しながら薄くなっている)とのこと。2017年4月の胃カメラ検査で、まだ残っていたのが確認されています。

インチキ診療のCT画像トリックについて

余談ですが、インチキ診療のトリックにCT画像の比較があり、この2つのパターンが有名です。

  • 単純CT造影CTを並べる
  • 比較する断面の位置が違う

このブログにアップしているCT画像は、前回(1年1か月後)までが単純CT、今回から造影CT(になる予定)です。画像はすべて、がん細胞がわかるようにコントラスト調整をしていて、下記リンクのようなトリックは一切ありません。

 自費診療で高額な治療を提供しているクリニックのウェブサイトでは、治療前後でCT画像を提示して「がんが消えた」と称するなどしています。本当にがんが消えるのならいくらでもお金を出す患者さんもいるでしょう…
水素温熱免疫療法

そもそも私は、「よくあるご質問」でも代替療法(免疫療法)を否定するお答えを公開しています。標準治療(抗がん剤)だけで治療することに集中し、完治(寛解)が目前となった今、インチキ診療に誘導するような伏線をブログに張る理由・動機がありません。

インチキ治療さすがに、クリニックだけかと思っていたら、最近だと、大学病院や一般病院まで一部始めている。病院経営も苦しいので、インチキ自由診療のほうが、利益率...
公開しているCT画像は、残っている肝臓がんで比較しています。そのため、CT画像の位置は毎回変わります。数ミリの誤差はありますが、それぞれほぼ同じ位置の断面です。

22473510

主治医と話したこと、今後の治療など

生きたがん

(主治医がCT画像を見ながら)

うん、ええ感じやね。でも小さくなるということは、このがん細胞は生きてるってこと。

じつは(がん細胞が)消滅してて抜け殻みたいに大きさが変わらん、てこともあるんやけど、まだこいつは死んでない。生きたがん。

つまり、小さくてもぶり返す力を持っているから、これまで通り油断せず(お互い)できることに集中していきましょう。という話しでした。

私が集中することとは、運動を中心とした生活習慣の改善。運動で約50%、食事と睡眠(メンタルの強化)の改善で50%ほどの割合です。これが自分に合ったパターンで、いい体調を維持できていると思います。

主治医が診察で「生きたがん」と表現したのは、これが初めて。この隙をまったく見せず、私の体調を客観的に判断し続けるクールな感じが私は大好きです。(いつもこんな会話を1分単位でしていきます)

今後の治療について

治療は、「パクリタキセル+サイラムザ」を続投。2016年5月から投与している抗がん剤です。

タキソール(パクリタキセル) サイラムザ(ラムシルマブ) 進行性胃がん4型(スキルス)、転移性肝がん、末期ステージ4の私が、現在投与している抗が...

このまま完治(寛解)まで押し切れたらいいなぁと思いますが、私は私のできることをやり続けるだけです。

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 私は、私が今しかできないことをやり続けるだけ。

【毎日更新】病院で聞けない話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
私にはみなさまの助けが必要です。どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えてください。よろしくお願いいたします。

当ブログは常時SSL(https)化でセキュリティを強化しています。無料Wi-Fiでもすべて暗号化されます。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る