転移性肝がん【CTの比較画像】告知から1年6か月後 2017/08-2017/10

368887

2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから1年6か月後の転移性肝がんを比較したCT画像です。

  • 告知された直後
  • 1年4か月後
  • 1年6か月後

CT検査の結果、治療方法が変更になりました。

  1. 転移性肝がん(肝転移)を比較したCT画像
  2. 主治医の判断、これから私がすること
スポンサーリンク
Google AdSense PC

転移性肝がん(肝転移)を比較したCT画像

【CT画像の一覧】

2016年4月(告知された直後
転移性肝がんCT画像2016年4月

2017年8月(1年4か月後
転移性肝がんCT画像2017年8月上部 転移性肝がんCT画像2017年8月下部

2017年10月(1年6か月後)
転移性肝がんCT画像2017年10月上部 転移性肝がんCT画像2017年10月下部

転移性肝がんCT画像比較(1)「上部」

2017年8月(1年4か月後)
転移性肝がんCT画像2017年8月上部の詳細

2017年10月(1年6か月後)
転移性肝がんCT画像2017年10月上部の詳細

告知から1年6か月後、前回から約2か月半後、造影CTの比較画像です。肝臓の上部は、前回より若干の縮小です。

転移性肝がんCT画像比較(2)「下部」

2017年8月(1年4か月後)
転移性肝がんCT画像2017年8月下部の詳細

2017年10月(1年6か月後)
転移性肝がんCT画像2017年10月下部の詳細

肝臓の下部は、縮小というよりは消滅に近い感じに。抗がん剤に耐性はつけていないけど、小さくなるスピードは落ちています。

公開しているCT画像は、残っている腫瘍で比較しています。そのため位置は毎回変わりますが、比較している断面はほぼ同じ位置です。

368883

主治医の判断、これから私がすること

主治医の判断

ちょっと小さなったがんもあるけど、もうこれ以上評価できへんのちゃうかな。まだ断定はできへんけど、TS-1に変更してちょっと様子を見てええと思う。

評価とは、治療で病状が変化していくのを検査等で確認していくこと。または、その結果のことです。

主治医は、前回のCT検査からがんの小さくなる様子が変わったと感じていて、今回は極端にスピードが落ちました。がんは完全に消えるわけではなく、死滅したがん細胞のカスが抜け殻のように残ることもあるとのこと。

つまり「これ以上評価できへん」とは、これ以上変化する可能性が低く、がん細胞は(完全には消えていないけど)ほぼ抜け殻になったと主治医は判断しました。

その結果、17クール続けた抗がん剤「パクリタキセル+サイラムザ」から「TS-1」のみに変更。肝転移をフォローしつつスキルス胃がんの治療に集中して、残った転移性肝がんの様子をみる治療に変更となりました。

抗がん剤「TS-1」について

TS-1は、錠剤タイプの抗がん剤です。手術ができない胃がんの治療にプラチナ系の点滴タイプと組み合わせることが多く、1年半前、私に一次治療(1stライン)として選択された抗がん剤です。

TS-1

そのときは1日MAX120mgの服用でスタート。シスプラチンの副作用が想像以上に強く1クールで中止。でも効果は確認できたので、切り札として温存していました。

進行性胃がん4型(スキルス)、転移性肝がん、末期ステージ4、余命半年。私は抗がん剤で治療することを選択しました。入院をし、主治医が最初に選んだ抗がん剤は、 ...

いまは当時より体力がある、副作用を1年以上対処してきた経験など考慮し、もう温存する必要はないと判断しての投与。今回は少し減薬し、1日100mgになっています。

肝転移は、1か月後に主治医が確認するために単純CTで検査をする予定です。できれば、これも公開する予定です。

これから私がすること

伏線を回収する準備

1年半前、私はがんを予防する生活習慣は、がんと診断されてからはじめても遅くない。自分ができることは「生活習慣の改善しかない」(治療にも効果がある)と考えました。そしてこの記事の最後に、自分自身に伏線を張りました。

突然の胃がん告知、末期で余命半年の宣告、さすがに落ち込みました。徐々に冷静さを取り戻していく中、一つの疑問が生まれました。 なぜ、オレはがんになったのか?...

このまま転移性肝がんが経過観察になった場合、いままで改善してきた生活習慣が、がんを再発させないライフスタイルなのか真価が問われます。

病院は、がんの治療をサポートしてくれるところと思っています。もしがんが治っても、病院(主治医)ができることはここまで。これで健康な体になったわけではないし、その後の生活も自分で工夫して生きていく必要があります。

その準備段階と考え、スキルス胃がんも抗がん剤で押し切るのか、摘出するのか。主治医と相談しながら、自分がどこまでできるのか試してみたいと思います。

手術ができないスキルス胃がん+転移性肝がん。私には期待できる抗がん剤が少なく、TS-1はその中のひとつです。でも体に合わず、副作用が強く現れます。 そのT...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. TS-1でスキルス胃がんの治療に集中し、肝転移の様子をみる治療に変更。
  2. TS-1は、1年半前に副作用が強く出た抗がん剤。体調の変化に注意する。
  3. 経過観察になる準備段階。病院に頼らず生きていく意識をもっと強くする。

【毎日更新】病院で聞けない話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ご意見ご感想など、お気軽にコメントお問い合わせからどうぞ。

当ブログは常時SSL(https)でセキュリティが強化されています。無料Wi-Fiでも、すべてのデータ通信が暗号化されます。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る