がんを治そうとすると【治せなくなる】自分が今できることを考えた話

1028108

末期のスキルス胃がんと告知された私は、偏った情報に混乱し、極端な行動をして勝手に治療を続けられない体に弱っていきました。

これは、がんと告知されて私の身に起こったこと、治療を続けるために考えたこと、その結果の一つをまとめたものです。

  1. がんを治そうとすると、治せなくなる
  2. 自分が今できることを考える
スポンサーリンク
Google AdSense PC

がんを治そうとすると、治せなくなる

1.がんを治す方法を探しはじめる

がんを治す食べ物、サプリはない

末期のスキルス胃がんと告知された私は、がんを治したい、もっと生きたいと素直に思いました。病院で受ける治療以外に、自分でもがんを治せる方法があるのでは?そう考え探しはじめました。

これがそもそもの間違いで、そんな食べ物、サプリはありませんでした。そして私は、出口のない迷路に入ってしまいました。

もしかしたら、がんに効く食べ物・サプリがあって治せるのでは……。末期がんと診断されたとき、そう私は思いました。 いろんな失敗をし、よく考えてみると、エビデ...

2.偏った情報に混乱しはじめる

安心するどころか、どんどん不安になる

出口のない迷路に入ってしまったもう一つの理由は、不安だったからです。これからどうなるのか分からず、情報を得ることで安心しようとしました。言い換えると、自分なりにやれることをやって納得したいと考えたわけです。

ベストを尽くすという意味では大切なことですが、存在しない答えが見つからない私は、どんどん不安になり混乱していきました。

3.自分の都合のいいように考えはじめる

世界をゆがめて見ていることに気がつかない

焦りはじめた私は、集めた情報を主観的に判断するようになっていきました。

  1. これが答えのような気がする
  2. 答えであってほしい
  3. 答えに違いない
  4. がんになる原因はこれだ!
  5. だから治す方法はこれだ!
腫瘍内科医の勝俣先生は、がんの間違った情報に騙されたり、インチキ診療・治療やサプリメント等に引っかからないよう注意喚起されています。 その中で、自分の思い...

4.単独行動をはじめる

主治医との信頼関係を壊しかける

がんになった原因を決めつけた私は、病院食以外にも野菜をバカほど食べはじめました。その結果、血中のカリウム濃度を上げて不整脈になり、胃腸にも負担をかけて勝手に弱っていきました。

現代人は、塩分の摂りすぎで体のミネラルバランスが崩れています。 とくにがん患者は塩分の摂取を控え、野菜をたくさん食べましょう。 この間違った情報...

これを機に、私は治療に対する考え方や姿勢を改めました。もしあのまま自分でがんを治そうとしていたら、血液検査で抗がん剤治療が遅れ、主治医と対立し、がん難民になっていたかもしれません。

私は、主治医・看護師さんとの関係を大切にするため、5つのことに気をつけています。それが、がん難民にならない方法にもなっています。 そして末期がんの治療をは...

1028106

自分が今できることを考える

がん以外の部分を健康にする

がんを治すのは主治医(医療)

自分でがんを治そうとした私は、「治る」「治らない」という極端な基準で行動するようになっていました。でもそんな方法はなかったし、もう自分で治そうと思っていません。

私の胃と肝臓にあるがんは、体全体の1%もありません。がんは主治医に任せ、治療を続けることができる体調をキープすること。残った99%以上の体を本来の健康な体にすること。これが今、自分のできることと考えています。

ステージ4の胃がん治療を続けて約1年半。病院で、どうしても手に入らないものがあります。 これを手に入れることが私の目標・目的であり、主治医との二人三脚をイ...

2年間で、私が手に入れたもの

治療を続けられる体(体力)

人の体は、新陳代謝をして日々生まれ変わっています。

  1. いろんなものを食べて栄養を摂る
  2. 運動して血液(栄養)を行き渡らせる
  3. しっかり寝て体を回復(代謝)させる

私の体は、もう2年前のポンコツとはぜんぜん違います。ずっと同じようで、がんと告知された当時よりメンテナンスの行き届いた体に生まれ変わっています。(骨はすべて入れ替わるのに約3年かかるそうです)

がんの治療を続けるには体力が必要です。自分に合った生活習慣を見つけるのは大変だけど、できる限りシンプルに考え、続けやすい方法に改善し続けています。

がんの治療をはじめたころ、私は生活習慣を改善してがんを消そう!治そう!と思って毎日取り組んでいました。それから1年、生活習慣の改善には もっと大切な考え方...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. がんを自分で治そうとすると、極端な行動してしまう。
  2. がんは主治医に任せ、がん以外の体を健康にしようと考えた。
  3. 人の体は、新陳代謝をして日々生まれ変わっている。
  4. 治療を続けることができる体力のある体に変わっていった。

【毎日更新】病院で聞けない話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ご意見ご感想など、お気軽にコメントお問い合わせからどうぞ。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る