がんのお見舞い【かける言葉・励まし方】がん患者が本当に必要なこと

4642584

胃がんで入院になり、お見舞いに来てくれた人がどんな言葉をかけたらいいのか?どう励ましたらいいのか?困っているのがすぐにわかりました。

がん患者の気持ち、本当に必要なことを少し知ってもらえたら、大切な友人や知人をもっと励ましたり応援できると思います。

  1. がん患者が、お見舞いで本当にしてほしいこと
  2. がんという病気と闘病生活について
スポンサーリンク
Google AdSense PC

がん患者が、お見舞いで本当にしてほしいこと

かける言葉、励まし方

気持ちを吐き出せる人が必要です

一人で病室にいると、ネガティブな妄想で頭の中がいっぱいになります。不安な気持ちが続き、自分で処理できないほどの大きなストレス。感情をコントロールできなくなっていきました。

がん患者が本当に必要なのは、この処理できない気持ちを吐き出せる人です。

気の利いた言葉をかけたりする必要はなく、具体的には「なにか困っていることはない?」と聞くだけでOKです。30分~1時間ほど話しを聞いてもらうだけで私は元気になり、がんばろうと思えます。

そして、がん患者の家族もストレスを抱えています。もし余裕があれば、家族の不安な気持ちも(別の場所で)聞いてもらえたらすごくうれしく思います。

私が前を向いて歩いていけるのは、嫁が心・気持ち支えてくれているからです。嫁の支えがなかったら、私はがんの治療を続けられなかったと思います。 もしがんで治療...

できること、応援する方法

サポートをしてくれる人が必要です

困っている話しを聞いていると、いろんな問題があることに気がつくと思います。でも、その問題を解決する必要はありません。

がん患者が本当に必要なのは、サポートをしてくれる人です。

どんなアドバイスをしても、最終的に人生を決めるのは本人です。その選択を代わりにする必要はなく、できる範囲で「なにか手伝えることはある?」とサポートしてくれるほうが助かります。

謎のサプリとか、がんが治る情報とか、頼んでもいないものは基本的に余計なおせっかいで重荷に感じます。それより、家族にも「できることはない?」と聞いてくれるほうがめちゃくちゃうれしいです。

胃がんで闘病をはじめたころ、知らないこと・わからないこと・できないことがたくさんあって本当に苦しかったです。 闘病生活は、家族みんなで力を合わせないと乗り...

メール・ライン、電話について

お見舞いの日時を決める程度に

メール・ラインは、ちょっとしたやりとり、お見舞いの日時を決める程度で私は十分でした。

体調や副作用、検査等によって返信のむずかしいときがあって、Yse/Noで答えやすい内容とか、返信不要だとすごく助かります。なので、基本的に電話は断っていました。

これは個人差が大きいと思うので、連絡方法はご確認ください。

末期がんの告知は、私はもちろん、家族にも肉体的・精神的に大きなダメージを与えました。やることもあり過ぎて、すぐに意思の疎通ができなくなりました。 これは、...

4642589

がんという病気と闘病生活について

がんという病気について

がんは、一生つき合う慢性疾患です

現在、がんは生活習慣病に分類されていて、慢性疾患に属する病気です。糖尿病や高血圧と同じように、体調をコントロールしながら治療を続けていく病気になっています。

かんかい【寛解/緩解】
病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態。癌(がん)や白血病など、再発の危険性のある難治の病気治療で使われる語。
引用 goo国語辞書

治療後も定期的に検査をするのはこのためです。たとえ消滅しなくても、進行を抑えて体調コントロールしながら生活を続けている人はたくさんいます。

がんの闘病には、体力が必要です

闘病をはじめた1~2年目は、とくに体力が必要です

がんの治療中は、直接または間接的に体力がなくなっていきます。

  • 直接
    • 抗がん剤、放射線治療等は体への負担が大きく、直接体力を奪います
  • 間接
    • 副作用で運動不足や食欲不振になり、間接的に体力が減っていきます

闘病をはじめた1~2年目は体調コントロールがむずかしく、とくに体力が必要になります。

私が思う最高のお見舞い方法

散歩+話しを聞く

入院した当初、ゆっくりベッドで休んでいた(なにも考えず横になっていた)私は、1か月で62kgから51kgまで体重が落ちて衰弱しています。

食事だけで体力を維持するのはむずかしいと思います。私が運動する理由、闘病の考え方等は、こちら↓をご覧ください。

がんの治療をはじめたころ、私は生活習慣を改善してがんを消そう!治そう!と思って毎日取り組んでいました。それから1年、生活習慣の改善には もっと大切な考え方...

お見舞いに行ったら、できれば病室の外に誘って話しを聞いてください。散歩はとてもいい運動になります。ちょっとでもいいので体調に合わせて一緒に歩いてほしいです。病室では話しにくいこともあるし、気分転換にもなります。

  • 一緒に散歩をして、話しを聞く

これが私が思う最高のお見舞いで、大切な友人や知人をもっと励ましたり応援できる方法だと思います。

入院中のお見舞い・差し入れは、すごく嬉しいです。ただ、がんでの入院は骨折などと違うところがあって、ちょっと困ったこともありました…。 これからお見舞いする...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. がん患者と家族には、気持ちを吐き出せる人が必要。
  2. がん患者と家族には、サポートをしてくれる人が必要。
  3. メール・ラインは簡単な内容、電話はNG。(要確認)
  4. がんは、体調をコントロールしながら生活を続ける慢性疾患。
  5. 闘病をはじめた1~2年目は、とくに体力が必要。
  6. 退院してからも、一緒に散歩しながら話しを聞いてほしい。

あとがき

相部屋になった人の中に、寄せ書きされた体重計で毎日記録している人がいました。すごくうらやましかったです。。

【毎日更新】病院で聞けない話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ご意見ご感想など、お気軽にコメントお問い合わせからどうぞ。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る