がんと診断され【不安で眠れない】私がやって良かった7つの対処法

289591

がんと診断されたときのことを、私はほとんど覚えていません。不安と恐怖で何も考えることができなくなり、現実なのかもわからず頭の中はパニック状態。

そして気がつけば、寝るというあたり前のことが、あたり前じゃなくなっていました。

  1. 眠れない原因
  2. 眠れないときの7つの対処法
  3. 生涯の課題
スポンサーリンク
レクタングル大 PC

眠れない原因

眠れない原因を分類

  • 環境の変化(軽度)
    • 入院生活など
  • 身体的な苦痛(中度)
    • 痛み
    • かゆみ
    • 発熱など
  • 精神的な問題(重度)
    • がんに対する不安
    • 家族への思いなど

私は眠れない原因を、この3つに分類。軽度から重度まであり、それぞれ対処法を変更しました。

289636

眠れないときの7つの対処法

環境の変化(軽度)

(1)安眠グッズを使う
  • 耳栓
  • アイマスク
  • BGM(イヤホン)など

入院という環境の変化には、しばらくすると慣れました。そして気づいたのが「いろんな音」でした。

入院病棟は昼夜を問わずいろんな音が鳴っていて、大部屋で一緒になった患者さんの個性もさまざまです。思った以上にうるさかったけど、安眠グッズを利用することで比較的簡単に対処することができました。

一時退院しながら、がんで約半年間の入院生活。少しずつ慣れ、本当に必要なモノを厳選してベッド回りに置くようになっていきました。 着替えや洗面・入浴グッズ以外...

身体的な苦痛(中度)

(2)頓服を処方してもらう
  • 鎮痛剤
  • 解熱剤
  • 抗生剤
  • ぬり薬など

抗がん剤の副作用で、すでに数種類の常用薬を服用しています。そこへさらに薬を増やすことに、最初は抵抗がありました。でも、我慢したところで眠れないだけです。

これらの薬は、一時的に服用する頓服(とんぷく)。私は我慢せず、薬を処方してもらうことにしています。

2360876

spacer

精神的な問題(重度)

メンタルを鍛え続ける

  • 読書
  • 瞑想(深呼吸)
  • ボーっとする
  • 運動・ストレッチ
  • 眠剤(睡眠薬)の処方など

メンタルの強化は、生涯の課題・心の修行になると思います。ちょっとした体調の変化で「再発・進行・転移したんじゃないか?」という不安・恐怖を常に感じます。

この不安・恐怖こそぐっすり眠れない最大の原因で、克服しない限りがんを治したと言えない気がしています。

読書

(3)気持ちを切り替える

私は、読書を中心にメンタルを強くしています。時間はかかりますが、読書から得たものは気持ちを切り替えるノウハウです。ヘンに考え込んだり、マイナスに思い込むことがなくなりました。

そして自分の中にしっかりとした価値観・判断基準ができ、最善を尽くすことで後悔することが減っています。

恐怖に負けない技術 私は偶然この本と出合い、死への恐怖・不安を克服するコツをつかむことができました。 この本のおかげで、冷静に集中し、淡々と自然体で行動...
がんでも長生き心のメソッド 「壮絶な闘病の末、みじめな死を迎えるにちがいない…」がん患者の思い込みをなくし、うつ病にならず、気持ちを軽くするノウハウが書か...
頭が混乱して、どうしていいかわからない。そんなとき、私がメンタルを整えることができた考え方、方法の一つをまとめてみました。 嫁も私自身も、この変化には驚い...

瞑想(深呼吸)

(4)深呼吸でも効果あり

じつは、ゆっくり深呼吸を2~3分するだけでも十分に気持ちを落ち着かせることができます。瞑想も、1年前と比べて上達しました。

胃がんの闘病生活がはじまったころ、一人になると、すぐにネガティブなことを考えていました。集中力はなく、何をやっても10分と続かず空回り。ちょっと落ち着こうと...

瞑想から得たものは、1つのことに集中する力です。この集中力のおかげで、ネガティブな思考が頭いっぱいに広がることがなくなりました。

2056742

spacer

ボーっとする

(5)なーんにも考えない

これは脳神経外科にいた看護師さんに教えてもらった対処法で、公園のベンチなどに座って5~10分ほど「ボーっ」とするだけです。

じつは「ボーっ」とするのはむずかしく、中途半端にしても何か考えてしまいます。思い切って魚の腐ったような目でボーっとすると、私はなーんにも考えなくなります。

なぜ効果があるのか理屈はよくわからないのですが、超簡単な対処法。めちゃくちゃスッキリします。不思議と頭の中が整理され、深刻な気分から解放されます。

※ 荷物はひざの上に置き、盗難・置き引きにご注意ください。

運動・ストレッチ

(6)適度に疲れる

運動・ストレッチをすることで、適度に疲れて眠りやすくなります。

生活習慣の改善にもなるし、健康な体にもなるし、続けることによって自信にもつながっていきます。運動内容は、体調に合わせて主治医と相談しながら決めてください。

また、家の掃除もいい運動になります。お風呂、ベランダ、サッシ・網戸、シンク・換気扇回り…。キレイになると気分もいいですし、断捨離もできます。

がんの闘病には、思った以上に体力が必要でした。すぐに体力がなくなった私は、そのときから運動と筋トレを続けています。 末期がんの私が運動・筋トレをする理由、...

眠剤(睡眠薬)を処方してもらう

(7)眠剤(睡眠薬)を飲む

心をコントロールできない日もあります。そういうときは我慢せず、眠剤を飲んでいました。寝ないと心と体がどんどん疲労して、闘病どころじゃなくなります。

また、国立がん情報サービスのサイトにも、いろいろ対処法が紹介されています。こちらも参考になると思います。

国立がん研究センターがん対策情報センター編著の書籍「患者必携 がんになったら手にとるガイド 普及新新版」の内容を掲載したウェブサイトです。

考えたこと、やったこと【まとめ】

  1. 眠れない原因を分類して、対処法を変えた。
  2. 軽度から重度まで、7つの対処法を実践した。
  3. メンタルの強化は、生涯の課題・心の修行。
トップへ戻る