がんの相談窓口【無料】悩み・手続きなど、問題の解決方法がわかる

25593753

がんの治療・闘病で困ったことがあると、私と嫁は無料で相談できる「がん相談支援センター」に行きます。

とくに専門的な知識が必要な場合、問題の解決方法をアドバイスしてもらうことで二度手間が減って、ストレスも少なくなっています。

  1. がんに関する相談を、無料でできる窓口
  2. がん相談支援センターで、相談したこと
  3. がん相談支援センターに相談する「大切なこと」
スポンサーリンク
Google AdSense PC

がんに関する相談を、無料でできる窓口

がん相談支援センター

「がん相談支援センター」とは、全国にある「がん診療連携拠点病院」に設置されている相談窓口です。がんに関する相談を無料ででき、その病院に通院している・していないに関係なく、だれでも相談できます。

  • 治療費について
  • 経済的支援について
  • 仕事について
  • 在宅・緩和ケアについて
  • 不安・気持ちが落ち込む
  • がんサロンの紹介
  • 子供の将来について
    などなど……

詳しくは、国立がん研究センターのパンフをご覧ください。
がん相談支援センターにご相談ください(PDF)

がん相談支援センターを「探す方法」

がん相談支援センターを探すのは、こちらのページが便利です。入院・通院している病院にあるか確認して、なければ病院名・お住まいの地域からお探しください。

がん相談支援センターで「できること」

無料で悩みを相談できます

言い換えると、問題を解決する方法をアドバイスしてもらえます。

私は「がん診療連携拠点病院」で治療をしているので、外来のとき、たまに利用しています。担当している人は、みなさん主任クラス以上のベテラン。やさしい人ばかりで知識も豊富です。

がん相談支援センターで「できないこと」

治療に関する判断は聞けません

基本的に、診察・診断は医師免許が必要です。でも医師が窓口で相談に乗ることは、まずないと思います。

セカンドオピニオンを受ける方法を相談することはできますが、治療に関して新たな見解を聞くことはできません。もしセカンドオピニオンをお考えの場合は、がん難民にならないようご注意くださいませ。

私は、主治医・看護師さんとの関係を大切にするため、5つのことに気をつけています。それが、がん難民にならない方法にもなっています。 そして末期がんの治療をは...

25593751

がん相談支援センターで、相談したこと

食生活について

末期がんの治療をはじめた当初、入院中に嫁と話し合って食生活の改善をはじめました。その結果、「高カリウム血症」になりかける失敗をしています。

現代人は、塩分の摂りすぎで体のミネラルバランスが崩れています。 とくにがん患者は塩分の摂取を控え、野菜をたくさん食べましょう。 この間違った情報...

がん相談支援センターに嫁が行くと、病室でお待ちください、とのこと。

失礼します……
ババーーン!管理栄養士さん、即登場!

管理栄養士さんは、食・栄養のスペシャリストです。完全に「見落としていた」基本的なことを教えてもらったこともありました。

食生活を改善するとき、入院中に看護師さんと管理栄養士さんに教えてもらった「2つのこと」を守っています。シンプルな発想・考え方だけど、とても大切なこと。あまり...

手続き・申請について

がんの治療がはじまると、いろんな手続きが必要です。その中でも「高額療養費制度」は、一定の金額を超えるとあとで支払いが戻る制度。がんの治療は医療費が高額になるので、すぐに手続き・申請が必要になります。

診察券を渡すと……
ババーーン!主任さん、即登場!

私の電子カルテを見た主任さんは、手続きに必要な情報をコピーし、重要な箇所に蛍光ペンでラインまで引いてくれていました。

  • 制度は、数年で変更される

制度は数年で変更されるため、ネットにある情報は最新と限りません。また、国民健康保険と社会保険では、少し手続きの方法が変わります。

がん相談支援センターに相談する「大切なこと」

時間をムダにしない

いろんな相談をしていくうちに、一つのことに気がつきました。

がん相談支援センターに相談すると、時間をムダにしない

私の目的は「1.がんを治すこと」、その後「2.がんを予防する生活習慣」をしていることです。専門的な知識を身につけることではありません

  • 個人でできる方法
  • 無料でする方法

がん相談支援センターに相談すると、この2つを基本にアドバイスしてもらえます。

がんの治療に集中するため、時間をムダに浪費しないこと。なにもかも一人(家族)でしようとせず、主治医をトップにして、相談できるスペシャリストを少しずつ増やすことが大切と感じています。

末期がんの告知は、私はもちろん、家族にも肉体的・精神的に大きなダメージを与えました。やることもあり過ぎて、すぐに意思の疎通ができなくなりました。 これは、...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. がん相談支援センターで、いろいろ相談する。
  2. がん相談支援センターに相談すると、時間をムダにしない。
  3. 二度手間が減って、ストレスも少なくなる。
  4. 主治医をトップに、専門的なことを相談できる人を増やす。
トップへ戻る