がんの私がする【ヨガっぽいストレッチ】全身を柔らかくできた本

069870

世界一伸びるストレッチ

豊富なストレッチパターンを、わかりやすくオールカラーで紹介する一冊。がんの私がこのストレッチをはじめて半年、全身が柔らかくなり、本当に読んで良かった本です。

そして、いつのまにかヨガっぽくゆっくり伸ばし、ゆっくり戻す独自のストレッチになりました。その方法も一緒にご紹介いたします。

  1. 「世界一伸びるストレッチ」について
  2. ヨガのようにストレッチする方法
  3. ストレッチに使っている無料アプリ
※ このページを参考にするときは、必ず主治医に相談してください
スポンサーリンク
レクタングル大 PC

世界一伸びるストレッチ

ざっくりとした本の内容

柔軟性には個人差があるし、部位によっても硬い、やわらかいがあります。(中略)それでも多くの人に、より気持ちのいい伸び感を得てもらいたくて「世界一伸びるストレッチ」として本書にまとめました。
(P.6-7)

  • 主なストレッチ内容
    • 首・背中・肩・腕(7パターン)
    • 胸・お腹・腰(4パターン)
    • お尻・股関節まわり(5パターン)
    • 太もも(8パターン)
    • ふくらはぎ・すね・足裏(4パターン)

他に、動的ストレッチ(8パターン)・お悩み解消ストレッチ・タイプ別ストレッチなど濃い内容。とくに必要な器具・道具はありません。

こんな人におすすめです

  • ベッドの上でもできる運動を探している人
  • 運動は苦手だけど、何かをはじめたい人
  • 骨髄抑制があり、屋外の運動を控えている人
  • 体が硬く、ストレッチからはじめたい人
  • 自分に合ったストレッチを見つけたい人

おすすめするポイント

……あれっ!?伸びる!

ストレッチをする姿勢と伸ばす方向がとてもわかりやすく、我流では筋肉を伸ばせないことを実感しました。

  • 標準パターン
  • 簡単なパターン
  • もっと伸ばすパターン

それぞれのストレッチには、簡単・もっと伸ばすパターンも。なので、じつは上記で紹介した3倍ほどのパターンがまとめられた一冊。

体が硬くなる理由・ストレッチのコツといった理論もしっかりあり、ストレッチを続けながら、頭と体で動かせる範囲を理解できました。半年間続けてきた私が、本当におすすめできる本です。

著者「中野ジェームズ修一」トレーナーについて

やる気を維持して、自分のためにフィットネスを続けることができれば、人生はアクティブに変わります!!そのためのヒントをフィットネスモチベーターの中野ジェームズ修一がお教えします。

箱根駅伝を三連覇中の青山学院陸上部。そのフィジカルトレーナーとしても有名。フィジカルトレーナーとは、スポーツ選手のケガを予防しながらトレーニングをサポートする人。アディダスの契約アドバイザリー、米スポーツ医学会認定運動生理学士など多数。

0684646

がんの私がするヨガっぽいストレッチ

ヨガっぽいストレッチをする方法

1回30秒×3~5回

  1. 10秒かけて、痛気持ちいいところまで伸ばす
  2. その姿勢のまま、10秒間キープする
  3. 10秒かけて、元の姿勢にゆっくり戻る

5~10秒がおすすめの秒数です。1回目は軽く伸ばし、2回目から徐々に痛気持ちいいところまで伸ばしていきます。

この方法でストレッチを3種類のすると、1セットだいたい10分。これくらいが私に丁度いい時間で、ストレッチをローテーションすることで毎日飽きずに続けています。

ヨガっぽいストレッチになった理由

じつは、世界一伸びるストレッチでは「決めポーズが完成してから30秒キープ」することを推奨しています。

私はスキルス胃がん+転移性肝がんのため、お腹を曲げたまま30秒キープするのはむずかしいと感じました。ヨガの動きを参考にして、あとでご紹介する無料アプリを使って「伸ばす、キープ、戻る」を30秒でするようになりました。

がんの私がストレッチをする理由

けがの予防

ストレッチ以外に、軽くウォーキングやスクワット等もしています。そのとき、体の硬い部分と柔らかい部分にアンバランスさを感じていました。ストレッチをはじめてからは立つ姿勢がよくなり、違和感もなくなりました。

血流の改善

ストレッチは、筋肉と同時に毛細血管も伸ばします。徐々にしなやかな血管に変わり、筋肉も柔らかくなって血管を圧迫することがなくなっていきます。体温は上がりませんでしたが、冷えを感じることは少なくなった気がします。

毛細血管に関しては、こちらもご参照ください。

がんの治療をはじめたころ、私は生活習慣を改善してがんを消そう!治そう!と思って毎日取り組んでいました。それから1年、生活習慣の改善には もっと大切な考え方...

907712

ヨガっぽいストレッチに使っている無料アプリ

使い方等は執筆時の内容です。詳しくはダウンロードするときにご確認ください。

この無料アプリでできること

  • 2つのタイマーを交互に繰り返す
  • 手拍子を入れることができる
  • 3秒前から音声でカウントダウン

このアプリが秀逸なのは「手拍子」機能(初期設定はオン)があること。ストレッチするリズムをつくりやすく、とても気に入っています。

もうひとつ、電源ボタンを押して画面を消してもタイマーが継続される気配りもGood。バッテリーを節約することができます。

秒数・タイマーの設定方法

(1)それぞれの秒数をタップ
トレーニング・フィットネス専用タイマーの設定1

(2)5~10秒にセットして
トレーニング・フィットネス専用タイマーの設定2

(3)同じ秒数にしたらセット完了
トレーニング・フィットネス専用タイマーの設定3

カウントダウン音声の変更方法

(1)設定をタップして
トレーニング・フィットネス専用タイマーの設定4

(2)カウントダウンの声をタップ
トレーニング・フィットネス専用タイマーの設定5

(3)クールな声に変更できます
トレーニング・フィットネス専用タイマーの設定6

他のアプリを探す方法

このアプリ以外にも、タイマーはたくさんあります。

  • インターバルタイマー
  • トレーニングタイマー
  • フィットネスタイマー
  • タバタ式タイマー

iPhoneなら「App Store」で、Androidなら「Google Play」でこんな↑キーワード検索をすると、お好みのアプリが見つかると思います。

考えたこと、やったこと【まとめ】

  1. ストレッチは、我流では伸ばせないことを実感した。
  2. 毎日続けやすい「ヨガっぽいストレッチ」を考えた。
  3. ヨガっぽいストレッチにぴったりのアプリを探した。
  4. ストレッチを続けたら姿勢がよくなり、体調が安定した。
  5. 毎日続けることで、自分を支える自信のひとつになった。
トップへ戻る