胃がんと食事【食べ物よりも食べ方】主治医のアドバイスをよく考える

554694

末期のスキルス胃がんと診断され、主治医が私にした食事のアドバイスは2つしかありません。

それからコツコツと食生活の改善を続け、余命半年だった闘病生活ももうすぐ2年。いままで適当に食べていたことに、たくさん気づくことができました。

  1. 食事に関する主治医のアドバイス
  2. 食生活の改善で注意している3つのこと
スポンサーリンク
Google AdSense PC

食事に関する主治医のアドバイス

私の治療方法、内容について

胃摘せず、抗がん剤だけで治療を続けています

胃がんの進行状況、治療内容は人それぞれです。私が選んだ治療方法等は、こちらをご確認ください。

2016年4月、私はスキルス胃がん+肝転移でステージ4の末期がんと診断されました。それから1年半、がんを抗がん剤治療だけで小さくし続けています。 抗がん剤...

主治医のアドバイス

1.スーパーで売っているものは、なにを食べてもいい
2.がんを治す食べ物、サプリは無い

私に食事制限はなく、主治医からアドバイスされたことは上記の2つしかありません。

私は胃摘をしていないステージ4の胃がん患者です。食事に関して、主治医からのアドバイスは2つしかありません。 主治医はこれまで多くのがん患者を診てきて、がん...
もしかしたら、がんに効く食べ物・サプリがあって治せるのでは……。末期がんと診断されたとき、そう私は思いました。 いろんな失敗をし、よく考えてみると、エビデ...

主治医のアドバイスをよく考える

食べ物より、食べ方を考えろ

主治医は、これまで多くの胃がん患者を診てきています。言い換えると、胃がん患者がどんな思考になり、どんな行動をし、その結果どうなったのかをよく知っています。

2つのアドバイスをまとめると、食べている物ではなく私の食べ方に問題があり、治療中にどんどん相談して自分に合った食生活を見つけていってください、ということでした。

胃がん+肝転移、ステージ4の治療を続けてもうすぐ2年。減塩しながら食生活の改善に取り組んでいます。 減塩は、抗がん剤の治療を続けるためにも絶対にクリアしな...

25546903

食生活の改善で注意している3つのこと

1.固定観念にとらわれないこと

  • 食べる時間
  • 食べる量
  • 食べる回数
  • 食べやすさ
  • 味つけ
  • 栄養のバランス
  • つくりやすさ
    ……

自分に合う合わないは、実際に試して確認しています。固定観念にとらわれずに経験してみると、いろいろ発見があります。

お米からつくる本格的なお粥のレシピ・作り方。 ( ゚ ω ゚ )!うまー、ホテルのお粥と一緒やん! ねばりが少なく、ほんのり甘く、冷めてもおいしい大好き...

2.焦らないこと

ときどき「こんなことをしていて間に合うのか?」とすごく不安になることがあります。

それでも、毎日コツコツできることを増やしていった人が乗り越えた人だと思い、焦らず、いい体調をキープできる食生活に改善し続けています。

3.相談できる人、ブレーンを増やすこと

いまから栄養のことを勉強していたら、それこそ間に合わないと思います。

自分しかできないこと、お願いできることを分けて考え、相談できる人・ブレーンを増やしています。

治療のペースをつかんで闘病生活に少し慣れてきたころ、私たち夫婦は突然がんの治療を続けていく限界を感じて自信を失いました。 それぞれ一人で考え込む時間が長く...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 主治医は、胃がん患者がどう考えるのかをよく知っている。
  2. 食べている物ではなく、私の食べ方に問題がある。
  3. 自分に合う合わないは、いろいろ試して確認する。
  4. 焦らず、毎日コツコツできることを1つ増やす。
  5. 相談できる人、ブレーンを増やす。

【毎日更新】病院で聞けない話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ご意見ご感想など、お気軽にコメントお問い合わせからどうぞ。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る