ふわふわ【関西風お好み焼き】豆腐入りレシピ、簡単・失敗しないコツ

関西風お好み焼き

豆腐を入れてふわふわ。わが家の「三大キャベツ料理」の一つ関西風お好み焼きを、再現性の高いレシピ・コツでご紹介いたします。

アブラナ科のキャベツは、デザイナーフーズ計画(Wikipedia)でもおなじみの野菜。豆腐を入れることで植物性・動物性たんぱく質の両方が摂れる、私が大好きなメニューです。

  1. お好み焼きの材料、調理器具など
  2. 関西風お好み焼きのレシピ、コツ
  3. おすすめのトッピング・食材など
※ 私はスキルス胃がんですが胃摘をしていません。参考にされる場合は、主治医・管理栄養士さんに相談してご自由にアレンジしてください。
スポンサーリンク
Google AdSense PC

お好み焼きの材料、調理器具など

とくに必要な調理器具

泡だて器

  • 泡だて器(ハンドブレンダー)

お好み焼きの材料(小さめ2枚分)

関西風お好み焼きのレシピ:材料2 関西風お好み焼きのレシピ:材料1

  • 基本の材料
    • キャベツ:150g
    • 絹ごし豆腐:100g
    • 豚ひき肉:100g
    • 長いも(山芋):100g
    • 薄力小麦粉:30g
    • 卵:1個
    • めんつゆ(濃縮):小さじ2
    • 干し桜えび:大さじ1
    • 天かす(揚げ玉):大さじ2
    • かつおぶし:適量

※ めんつゆは、だしの素小さじ1でも代用できます。天かすは無くてもOK。ハンドブレンダーを使うと、もめん豆腐でもなめらかな仕上がりになります。

  • 調味料など
    • お好み焼きソース(中濃ソース)
    • マヨネーズ
    • ケチャップ
    • かつおぶし
    • 青のり(あおさ)etc…
  • 薬味など
    • 紅しょうが
    • からし
    • 一味・七味 etc…

※ 関西風のお好み焼きには、甘辛のソースが合います。

関西風お好み焼き
イメージ画像

関西風お好み焼きのレシピ、コツ

小さめ2枚分。できあがりまでの調理時間は、約40分~1時間です。

1.下準備(1)キャベツ

関西風お好み焼きのレシピ:下準備(1)

  • キャベツ:150g

キャベツを粗みじんにカットします。

1.下準備(2)生地の素

関西風お好み焼きのレシピ:下準備(2-1)

  • 長いも(山芋):100g
  • 絹ごし豆腐:100g
  • 薄力小麦粉:30g
  • めんつゆ(濃縮):小さじ2
  • 卵:1個

長いもをすりおろし、上記の材料を入れて泡だて器(ハンドブレンダー)でよく混ぜます。豆腐の水切りは不要です。

※ 泡だて器の場合、先に豆腐だけ混ぜてなめらかにしておくと、全体を混ぜやすくなります。

関西風お好み焼きのレシピ:下準備(2-2)

よく混ざったら、冷蔵庫で10~20分ほど寝かせます。

コツ1
長いもを入れ、寝かせるのがコツ。生地がまとまりやすく、ふわふわ度もアップします。

3.生地をつくる

関西風お好み焼きのレシピ:生地をつくる

  • キャベツ:150g
  • 豚ひき肉:100g
  • 干し桜えび:大さじ1
  • 天かす(揚げ玉):大さじ2

下準備(2)生地の素に、上記の材料を入れてざっくり混ぜ合わせます。

関西風お好み焼きのレシピ:生地をつくる2

※ 豚ひき肉の代わりに、鶏ひき肉や小エビなどお好みの食材でもOK。削りスルメや魚粉を入れても美味しいですよ。

コツ2
生地は、お箸やスプーンでざっくり混ぜるのがコツ。空気を入れるイメージで底から混ぜると、ふわふわ度がアップ。

4.焼く(1)

関西風お好み焼きのレシピ:焼く(1-1)

  • オリーブオイルなど油:適量

ホットプレートで焼く場合は180度、フライパンで焼く場合は弱めの中火で。大きさは、直径12~13cmくらい、厚さ3cmくらいです。

関西風お好み焼きのレシピ:焼く(1-2)

  • かつおぶし:ふたつまみ程度

生地にかつおぶしを適量乗せ、フタをして7~8分くらい焼きます。

コツ3
ひっくり返すとき崩れないよう、かつおぶしで補強するのがコツ。表面はパリパリ、中はふわふわに焼き上がります。

5.焼く(2)

関西風お好み焼きのレシピ:焼く(2)

このくらいの焼き目がついたらひっくり返し、フタをして7~8分くらい、両面で合計15~16分焼きます。

コツ4
関西風のお好み焼きは、このとき上から押さないのがコツ。

※ フタは生焼け防止です。生焼けチェックは、お箸を刺してなにも付いてこなければOKです。

6.完成

関西風お好み焼きのレシピ:完成

  • お好み焼きソース(中濃ソース)
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • かつおぶし
  • 青のり(あおさ)etc…

両面同じくらいの焼き目がついたら、ソース等で味つけをして完成です。

関西風お好み焼きのレシピ:完成、断面

断面は、こんな感じです。

spacer

このお好み焼きのポイント

  • このレシピは、キャベツを200gまで増やしてボリュームアップさせることができます。
  • 直径を15cm以上にすると、ひっくり返せなくなります。キャベツを増やしたら、小さく3枚に焼いてください。
  • 豚肉はミンチを混ぜるのがおすすめ。豚バラのスライスを乗せて焼くと、切る時つぶれちゃって食べにくくなります。
  • うま味アップの干しえびは、抗酸化作用のあるアスタキサンチン(Wikipedia)が豊富なおすすめ食材です。
  • 生地をまとめる長いもは、ビタミンとミネラルが豊富な食材(Wikipedia)。焼き上がるまで、一品として短冊で食べながら待つのもおすすめです。
    長いもの短冊

おすすめのトッピング・食材など

アレンジはご自由にどうぞ。

  • トッピング
    • ピザ用チーズ
    • 青ネギの小口切り
    • 温泉卵
    • しらす、じゃこ
  • 中に入れる具材(粗みじん)
    • きのこ
    • 明太子(たらこ)
    • シーフード
    • とうもろこし
    • 納豆
    • キムチ、お漬けもの
    • さば缶、シーチキン
    • 照り焼きチキン

※ 主役はキャベツと豆腐です。入れすぎると、ひっくり返すときバラバラに…。

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. キャベツを使った食べやすい料理を考えた。
  2. 豆腐を入れて、植物性たんぱく質も同時に摂れるメニューに。
  3. 山芋を入れると生地がまとまり、ふわふわに。
  4. 好きなものを入れたら、食欲がなくても食べられる。
トップへ戻る