がんの治療【心を軽くする、不安にならない】私がしている5つの方法

3230842

肝臓に転移したスキルス胃がんの治療を続けて2年。その間、私たち夫婦は何度も不安になり、心が折れ、やる気を失いました。

多くの人にサポートしてもらいながら少しずつ心を軽くし、パニックにならないよう気持ちを整えている方法です。

  1. 私が不安を感じやすいとき
  2. 心を軽くする、不安にならない5つの方法
スポンサーリンク
Google AdSense PC

私が不安を感じやすいとき

なにもせず一日が過ぎたとき

焦って集中力がなくなっていく

結局なにもせず一日が過ぎたとき、私はすごく不安を感じます。

入院して治療をはじめたころ、転移した肝臓の状態が悪くて機能を失いかけていました。消灯時間になり、なにもできなかった(しなかった)一日を振り返ると本当にツラかったです。

平常心を失い、余命をカウントダウンする砂時計の音がサラサラと聞こえてくるようで不安になり、焦って集中力がなくなっていきました。

不安にならないために

具体的に行動する(積み重ねる)

だから私は、なにか具体的に行動する(積み重ねる)ようにしています。やろうと思ったことを毎日することで、心を軽くして不安を感じないようにしています。

  • 先延ばし、後回しにしない
  • 昨日よりできることを増やす
  • 少し上手くできるようになる
    ……

3230848

心を軽くする、不安にならない5つの方法

1.考え方を変える

行動しやすい考え方に変える

考え方は人それぞれです。私はこんな考え方に変えると、心が軽くなって行動しやすくなりました。

・ひとりで決める
→ だれかに相談する
・あきらめる、できないと思う
→ サポートしてくれる人を探す
・なんでも自分でする
→ だれかに頼んでみる
・準備が整うまで待つ
→ できることからはじめる
・新しいことをはじめる
→ あたり前のことをあたり前にする
・他人と比較する
→ きのうの自分と比較する
・考えを押し通す
→ 素直になる、話しを聴く
・我慢する、耐える
→ 正直に伝える
・無理をする、全力でする
→ ほんの少しだけ頑張る
・自分を犠牲にする
→ 自分を大切にする

2.正解を探さない

最善を選ぶ

私は、人生に正解はないと思っています。正解を探すと「もし、間違ったらどうしよう……」と不安が大きくなり行動できなくなっていきます。

人生は、やり直しもあの日に戻って違う選択をすることもできません。つまり、出した答え・行動が正解だったのか確かめようがありません。

なので私は、そのとき最善と思うことを選ぶようにしています。いろんな意見やアドバイスを聞き、自分が大切と思う価値観を確認しながら行動するようにしています。

また、情報を集めすぎると選べなくなります。むしろ遮断するぐらいで丁度いいと私は感じています。

スキルス胃がん+転移性肝がんの治療を続けて2年。ネットでもいろんな情報を知ることができました。 たくさんの人にサポートをしてもらえるようになり、いろんな患...

3.感情を抑え込まない

気持ちを切り替える
感情を
抑え込む
気づかないふりをする
忘れようとする

私は感情をコントロールしようとすると、なにかのきっかけで暴走することがあります。なので私は感情を抑え込まず、不安を感じはじめたら気持ちを切り替えるようにしています。

がんの治療を続けるのは楽じゃありません。なんのために頑張っているのか分からなくなるときもあります。そんなとき、自分が決めた「目的・目標」や「本当に大切なこと」を確認することで「そうだった」と気持ちを切り替えています。

4.先延ばし、後回しにしない

すぐにできる簡単なことからする

むずかしいことをすると、できないことも多くなります。すると、結局なにもせず一日過ぎていくことが多くなります。

なので私は、すぐにできる簡単なことから片づけるようにしています。

いつでもできることを先延ばし・後回しにすると、地味にストレスを感じ続けます。気持ちが不安定になったとき、「自分は、こんなこともできないのか……」と一番ダメージも受けやすいので注意しています。

5.独りにならない

サポートしてくれる人を増やす

肝臓に転移した末期のスキルス胃がんとわかったとき、なんとも言えない孤独を感じました。自分だけが暗闇のスポットライトを浴びているような、無人島に流れ着いたような距離を感じました。

この状態で治療を続けると、すぐに限界を超えて心が折れます。なので私(たち夫婦)は、困ったら相談するようにしています。

自分たちができることは、たかが知れています。すべてを2人だけの力で解決していくのは不可能です。サポートしてもらうとできることが増え、心が軽くなって不安も少なくなっていきました。

がんと診断されたときのことを、私はほとんど覚えていません。不安と恐怖で何も考えることができなくなり、現実なのかもわからず頭の中はパニック状態。 そして気が...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. なにもせず一日が過ぎると、すごく不安を感じる。
  2. なにか行動する(積み重ねる)と気持ちが楽になる。
  3. 行動しやすい考え方に変えると、心を軽くなっていく。
  4. 存在しない正解を探さず、最善を選ぶようにする。
  5. 感情は抑え込まず、気持ちを切り替えるようにする。
  6. いつでもできることを、先延ばし・後回しにしない。
  7. だれかにサポートしてもらい、できることを増やしていく。
トップへ戻る