抗がん剤【便秘の解消・改善】副作用で処方してもらっている薬など

9902087

スキルス胃がん+転移性肝がんを、抗がん剤で治療しています。

その副作用の一つに「便秘」があり、解消・改善するために処方してもらっている薬、やってみてよかったことのまとめです。

  1. 便秘の解消・改善に、処方してもらっている薬
  2. 薬以外に、便秘の解消・改善にしていること
もし参考にされる場合は、必ず主治医・薬剤師さんに相談し、指示に従って服用してください。

抗がん剤治療を続けて約3年、これまで処方してもらった薬等を別ページにまとめました。

肝臓に転移したスキルス胃がんの治療をはじめて約3年。これまで主治医に一番相談した副作用が便秘です。重篤な症状に発展する可能性もあり早めの相談が大切。 処方...
スポンサーリンク
Google AdSense PC

便秘の解消・改善に、処方してもらっている薬

便秘

抗がん剤の副作用「便秘」を解消・改善するために、私が処方してもらっている4つのお薬です。

マグミット

マグミット

マグミットにはウンチに水分を含ませる作用があり、軟化・増大させるお薬。便秘 → ウンチが硬くなる → 出にくくなる → さらに便秘 → 以下続く…これを防ぐお薬です。

慣れるまで、自分に合う適量が少しわかりづらかったです。このマグミットがないと、現在の抗がん剤(パクリタキセル+サイラムザ)は継続できないと思うほど重要な薬です。1日の上限は、250mgで8錠(2g)まで。

あえて難点をいえば、ウンチがひと塊になりにくいこと。いまいちキレが悪いというか、絶好調のスポーンと出た感じにはなりません。

ミヤBM

ミヤBM

ミヤBMは、酪酸菌を含む整腸剤。腸内細菌のバランスを整えてくれるお薬です。これといった副作用がなく、抗生物質にも耐性があって生きたまま腸まで届くスゴいやつです。

1日3錠の服用からMAXの6錠にしてみたら、便秘の解消・改善を実感できました。ミヤBMは整腸剤なので、下痢にも効果があります。

酪酸菌は大腸の動きを活発にする他に、腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増やすサポートもすると聞いています。

ガスコン

ガスコン

ガスコンは、胃や腸内に気泡となって溜まっているガスを、オナラとして排出しやすくするお薬です。オナラの量を少なくする薬ではありません。

約1時間ほどで効きはじめるので、服用するタイミングは夕食後を基本にしています。朝食・昼食後は、ケースバイケースで。

オナラを出しきると、またウンチとは違う爽快感があります。便秘の解消・改善ではありませんが、お腹の張りを感じたら必要なお薬です。

ラキソベロン

ラキソベロン

ラキソベロンは、大腸を刺激して動きを活発にし、排便をうながすお薬です。ウンチが出なかったときのレスキューとして服用しています。

寝る前に、少量の水を入れたコップに適量入れて飲む液体タイプの下剤。効果には個人差があります。効き目が現れるのは約6~12時間後で、目安は10~15滴。私は8~10滴ですが、体調によっては効き過ぎて便意で目覚めてしまうことも。

妊婦さんにも処方される比較的安全なお薬と聞いています。味は、少し甘いです。

6060557

薬以外に、便秘の解消・改善にしていること

  • 抗がん剤の副作用で、腸の動くが悪くなっている
  • ウンチが硬くなりやすく、さらに便秘になりやすい

この2つが便秘になりやすい原因で、薬以外にもできることをしています。

【便秘の解消その1】腸を刺激する運動をする

ウォーキング

ウォーキングをする

下半身には筋肉の約70%が集まっているそうで、ウォーキングは筋力・体力アップと心肺機能も強化できる有酸素運動です。

ウォーキングをするとリズムよく呼吸(横隔膜の上下運動)をし、下腹部の筋肉も動き、血流もアップします。これが腸への刺激になって、私の便秘を解消・改善しています。

私の目標は、1日トータルで1時間ほど歩くこと。これは、散歩程度でも十分に効果を感じています。ウォーキング・散歩をする30分前から、水分補給も必ずしています。

【便秘の解消その2】腸内環境をよくする

海藻類

水溶性の食物繊維を食べる

水溶性食物繊維は、マグミットと同様にウンチを軟化・増大させます。

もう一つの特徴として、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなる効果もあります。私は、以前よりオナラが臭くなくなりました。ミヤBMとの相乗効果で、腸内環境がよくなっているように思います。

意識して食べるのが増えたのは、海藻類、きのこ類(βグルカン)、くだもの(ペクチン)です。がっつり食べているわけではなく、ちょい足し程度。たとえちょっとでも、毎日食べるとぜんぜん違います。

抗がん剤の副作用で、私が処方してもらっている薬です。この薬で副作用の症状を軽減したり、外出するときの対策などをしています。 現在の抗がん剤で、服用...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. ガマンせず、主治医に副作用を伝えながら薬を処方してもらった。
  2. 自分に合う適量を、いろいろ試しながら見つけていった。
  3. 薬以外に、自分でできる運動や食べものを見つけていった。
トップへ戻る