抗がん剤【レシピ・食事の工夫】副作用・症状別にメニューを選べる本

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

がん患者専用の食堂に行って、メニューを見ながらオーダーする。そんな感覚で嫁に料理をリクエストして、調子に乗るなと言われた一冊。

末期のスキルス胃がんの私が、副作用に関係なく食事の楽しさ・大切さを再確認できた本です。

  1. ざっくりとした本の内容
  2. 食事・食生活の改善で失敗したこと
  3. この本をおすすめする理由
スポンサーリンク
レクタングル大 PC

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

ざっくりとした本の内容

病院食を、家庭で作りやすいレシピに編集した本

最大の特徴は、11の副作用・症状別に適したメニューを選べること。

  1. 176品のメニューをオールカラーで紹介
  2. メニューごとに症状別おすすめ度を掲載
  3. レシピはすべて作りやすい1人前の分量
  4. 副作用・症状別に対処法やアドバイスも

病院食ですが、ふつうに美味しいです。材料は、すべてスーパーで買える食材でOK。和洋中を問わず、主食・主菜・副菜・汁物・デザートが掲載されています。

副作用・症状別に選べるレシピ

いろんな副作用・症状に対応しやすい

私の副作用は、抗がん剤の治療期間や体調によって変化しています。

  1. 食欲不振
  2. 吐き気・おう吐
  3. 味覚の変化
  4. 嗅覚の変化
  5. 口内炎(のどの炎症)
  6. 胃の不快感
  7. 膨満感
  8. 便秘
  9. 下痢
  10. 摂食困難(口を開けにくい)
  11. 白血球減少

この本は副作用・症状別に食事を選びやすく、レシピが1人前の分量もすごく参考になります。慣れてくれば、食材や味付けを変えてアレンジもできるレシピです。

白血球減少は、白血球が増えるメニューではありません。白血球が少ないときにおすすめできないレシピです。

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

この本を紹介するにあたって

食事・食生活の改善で失敗したこと

単純に栄養のバランスだけじゃダメ

「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」を購入する前に、じつは「タニタの社員食堂」を3冊購入して参考にしました。

栄養のバランス・ボリューム等すごく良かったんですが、食べやすさ・味付けが合いませんでした。抗がん剤の副作用がある私にとって、食生活の改善は、単純に栄養のバランスだけじゃないことを実感しました。

この本をおすすめする理由

じつはスゴい病院食

実際にレシピを作ってみると、病院食のスゴさがよくわかります。栄養のバランスはあたり前、食べやすさまで考えられていました。

しばらく作っていると、少しずつアレンジができるようになってきます。そこでもう一度「タニタの社員食堂」を見てみると、料理のバリエーションが一気に増えました。

この本は、いろんなレシピを「栄養のバランス+食べやすく」アレンジするコツもわかる本だと思います。

この本が向いていない人

がんを治すレシピを探している人

この本に、がんを治す目的のレシピ・食事は掲載されていません。

考えたこと、やったこと【まとめ】

  1. がん患者の食事は「栄養のバランス+食べやすさ」が大切。
トップへ戻る