救急車の呼び方【命を守る方法】電話で伝える内容、準備しているもの

1899635

救急車の呼び方にはルールがあります。電話で聞かれる順番、伝える内容を知っていると、最短で救急車を呼ぶことができます。

自分で救急車を呼べないことも想定して、近くの人にお願いする方法、事前に準備しているもの、気をつけていることなど私の命を守る方法です。

  1. 救急車の呼び方、電話で伝える内容
  2. 準備しておくもの、あると便利なもの
スポンサーリンク
Google AdSense PC

救急車の呼び方、電話で伝える内容

1.救急車の呼び方

住所(現在地)を伝える
  1. 119番へ電話をする
  2. 「救急」と伝える
  3. 住所現在地)を伝える
  4. その他、聞かれたことを伝える

救急車を呼ぶときは、はじめに住所(現在地)を伝えることが大切です。住所(現在地)がわかれば、救急隊員はすぐに現場へ向かうことができます。

119番するのがむずかしい場合は、近くの人に電話を頼んでください。このとき、お願いしたい人の目を見ながら頼むと引き受けてもらいやすいと教えてもらいました。

住所(現在地)を確認する方法

外出先で住所(現在地)を確認する方法です。落ちついて周囲を見渡し、目印になりそうな看板やお店も一緒に伝えてください。

自動販売機
ほとんどの自動販売機に、住所(現在地)がわかるステッカーが貼られています。
電信柱
電信柱には、基本的に「街区表示板」という縦長のプレートで現在地が表示されています。また、ビルの壁面等にも表示されていることがあります。
信号機
多くの信号機(交差点手前の鉄柱)に、地名など固有の交差点名標識が設置されています。

2.到着までに伝える内容

救急車は現場に急行しているので、落ち着いて詳細を伝える

住所(現在地)を伝えたあと、症状などを詳しく聞かれます。その詳細は、移動中の救急隊員に伝えられます。

  • 伝える内容
    • 誰が
    • いつから
    • どんな状態になっているのか
    • その他
    • 胃がんで治療中の私が
    • 10分ほど前から
    • 嘔吐を数回した(ブラックコーヒー色)
    • フラフラして息苦しい
    • 過去に経験があり、吐血と思う
    • かかりつけの病院は〇〇〇病院で
    • 主治医は△△△ドクターです

このとき、できれば症状の対処法がないか聞いてください。

サイレンが聞こえてきたら目立つように誘導します。誘導がむずかしければ、近くの人に頼んでください。

血便(タール便) 吐血 この2つは胃がん・胃潰瘍の代表的な症状です。でも知識がなかった私は気づかずに日常生活を続け、突然ぶっ倒れました。 そし...

1899637

準備しておくもの、あると便利なもの

普段から準備しておくもの

「お願いしたいこと」を書いたメモ

私は自分で救急車を呼べないことを想定して、「お願いしたいことメモ」を持ち歩いています。

  1. 私はみなさんの支援が必要です
    これを見た人は助けてください
  2. 【家族に連絡する場合】
    自分の名前
    連絡先1
    090-****-****
    連絡先2
    090-****-****
  3. 【救急車を呼ぶ場合】
    最初に現在地を伝えてください
    持病・治療中の病名
    かかりつけの病院
    主治医の名前
    いつも服用している薬

その他、想定される手助けしてほしい内容も記載しています。

あると便利なもの

ヘルプマーク、ヘルプカード

ヘルプマークとヘルプカード

ヘルプマークとは、外見でわからなくても手助けを必要としていることを周囲に知ってもらうためのマークです。カバン等につけておくとサポートを受けやすくなります。

ヘルプカードは、緊急の連絡先など記入しておくカードです。「お願いしたいことメモ」のように自作したものでも問題ありません。

ヘルプマーク・ヘルプカードは各自治体(都道府県)で無料配布されています。詳しくは、お住まいの役所にお尋ねください。

先日、無料配布されているヘルプマークをいただいてきました。 ヘルプマークは、外見ではわからないけど手助けを必要としている人が身につけるマークです。抗がん剤...

支援をお願いする基準をつくる

「いつもと違う」と感じたら

私は「いつもと違う」と感じたら、迷わず支援をお願いするマイルールをつくっています。

  • いつもと違う
    • 強い痛みを感じたら
    • しびれを感じたら
    • 吐き気を感じたら
    • 激しい下痢になったら
    • 急に発熱したら
    • 息苦しさを感じたら
    • めまいを感じたら
      など

生活リズムを一定にして体調管理に気をつけると、「いつもと違う」とわかるようになってきました。これは私自身が管理することで、嫁でも最初の異変に気づくのはむずかしいと思います。

体調が変化した原因を特定する意味でも、生活習慣は急に変えず、少しずつ変化させていくことを私は心がけています。

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 救急車を呼ぶときは、一番最初に住所(現在地)を伝える。
  2. 外出先でも住所(現在地)を確認できる方法はたくさんある。
  3. 現在地を把握しておくことは、自分の命を守る大切な方法。
  4. 「お願いしたいことメモ」を用意して、普段から持ち歩く。
  5. 生活リズムを一定にして「いつもと違う」と気づけるようにする。
トップへ戻る