スキルス胃がん【画像】内視鏡・胃カメラ、治療から2年目以降の記録

998589

2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。手術はできず(胃摘してもあまり意味はなく)、抗がん剤だけで治療を続けています。

スキルス胃がんは内視鏡・胃カメラで定期的に検査をしています。その記録画像を、2年目から比較できるように追記しながらまとめているページです。

  1. 2年7か月後(2018年10月)
  2. 3年後(2019年03月)
  3. 3年2か月後(2019年05月)

2年目までの記録画像は、こちら↓をご覧ください。

私は胃摘をせず、抗がん剤だけでスキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)の治療を2年間続けています。 スキルス胃がんは、内視鏡・胃カメラで定期的に検査をしてい...
スポンサーリンク
Google AdSense PC

2年7か月後(2018年10月)

スキルス胃がん

2018年10月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • 定期検診
    • 胃痛が1週間続いたため

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2018/10-1

治療をはじめてから2年7か月後の内視鏡・胃カメラの画像です。スキルス胃がんは、引き続き進行も縮小もせず現状をキープしていました。

胃痛の原因

胃炎

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2018/10-2

検査の結果、胃痛の原因は胃炎でした。下部(十二指腸の手前)を中心に複数の胃炎ができ、一部で少し出血していました。

抗がん剤

SOX療法(TS-1+オキサリプラチン)1クール目

2018年10月から、抗がん剤をSOX療法に変更。

結局、胃炎になった原因はわかりませんでした。SOX療法の副作用で胃炎になったとは考えにくく、たぶんメンタル的なものではないかと推測。胃酸を抑える薬を、パリエットからタケキャブに変更すると胃炎は解消されました。

パリエット、タケキャブ

3年後(2019年03月)

スキルス胃がん

2019年03月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • 定期検診

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2019/03

治療をはじめてから3年後の内視鏡・胃カメラの画像です。スキルス胃がんは、引き続き進行も縮小もせず現状をキープしていました。

食道静脈瘤

経過観察に

胃カメラ検査の結果、食道に静脈瘤ができていることがわかりました。直近の検査画像(2018年10月)との比較になります。

食道静脈瘤ができた場所
2018年10月
食道の胃カメラ画像(2018年10月)

2019年03月
食道の胃カメラ画像(2019年03月)静脈瘤ができていた

食道静脈瘤とは、肝臓の血流が悪くなると現れやすい症状です。肝臓には大量の血液が流れ込んでいて、行き場を失った血液が胃や食道の血管を通りコブ状に隆起します。

主に肝硬変の人に現れやす症状で、今回は転移した肝臓がんの進行した位置が悪く、太い血管の流れを悪くしてしまったようです。まだ小さいほうで数も一つのため、処置はせずに経過観察となりました。

肝硬変になると血液が肝臓に流入しづらくなり、血液の流れが悪くなります。すると、本来肝臓に流入するはずの血液が違うルートに流れるようになります。ここでは、食道胃静脈瘤について解説しています。

抗がん剤

SOX療法(TS-1+オキサリプラチン)8クール目

抗がん剤は、前回に引き続きSOX療法(TS-1+オキサリプラチン)で8クール目。

2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから2年11か月後の転移性肝がんを比較したCTの画像です。...

998591

3年2か月後(2019年05月)

スキルス胃がん

2019年05月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • お腹に張りを感じたため

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2019/05

治療をはじめてから3年2か月後の内視鏡・胃カメラの画像です。スキルス胃がんが、はじめて隆起するように形を変えました。

食道静脈瘤

やや大きくなる

食道静脈瘤(2019年05月)内視鏡・胃カメラの画像

食道静脈瘤は、やや大きくなっていました。

静脈瘤の表面が赤くなると、出血する可能性も高くなります。その危険度を示す「発赤所見(RC)」は、いまのところ0~3までの4段階でRC0。そのため、いますぐ処置をしないと危険なレベルではないという診断で、引き続き経過観察となりました。

抗がん剤

イリノテカン(トポテシン)3クール目

抗がん剤をイリノテカンに変更して約2か月。お腹に張りを感じたため、定期検診を予定より前倒しして内視鏡・胃カメラ検査をしました。結果は、CT検査とともによくありませんでした。

腹膜に転移した疑い(腹膜播種)があり、ゲノム医療連携病院に転院することを決断しました。

2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから3年2か月後の転移性肝がんを比較したCTの画像です。 ...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. これからも治療を続けられる体力をキープするため、運動を中心に自分のできることに集中する。
  2. 体の小さな変化で動揺しないように、自分の価値観をしっかり持ってメンタルを鍛えていく。

毎日更新【病院で聞けない】がんの話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る