スキルス胃がん【画像】内視鏡・胃カメラ、治療から2年後までの記録

3546215

私は胃摘をせず、抗がん剤だけでスキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)の治療を2年間続けています。

スキルス胃がんは、内視鏡・胃カメラで定期的に検査をしています。その記録画像を、入院した翌日から2年後まで比較できるようにまとめたページです。(2年目以降のリンクあり)

  1. スキルス胃がんができた場所、治療方法など
  2. 輸血+入院をした翌日(2016年03月)
  3. 4か月後(2016年08月)
  4. 1年後(2017年04月)
  5. 2年後(2018年03月)
スポンサーリンク
Google AdSense PC

スキルス胃がんができた場所、治療方法など

スキルス胃がんができた場所

スキルス胃がんができた場所は、上部の背中側です。そこから肝臓に転移しました。

スキルス胃がんができた場所

治療方法など

2016年3月、突然吐血して輸血+入院をしました。

血便(タール便) 吐血 この2つは胃がん・胃潰瘍の代表的な症状です。でも知識がなかった私は気づかずに日常生活を続け、突然ぶっ倒れました。 そし...

私はスキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)のステージ4で、手術はできず(胃摘してもあまり意味がなく)抗がん剤だけで治療を続けています。

2016年4月、私はスキルス胃がん+肝転移でステージ4の末期がんと診断されました。それから1年半、がんを抗がん剤治療だけで小さくし続けています。 抗がん剤...

輸血+入院をした翌日(2016年03月)

スキルス胃がん

2016年03月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • 止血の確認
    • 止血クリップの回収(2本)
    • 組織を採取して生検に出す

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2016/03-1

突然吐血をして輸血+入院をした翌日、止血の確認とクリップの回収をしました。出血したのはクリップの部分ですが、腫瘍(白い部分、白苔)は画像に収まりきれず広範囲に広がっていました。

生検の結果

肝臓に転移した進行胃がん(4型スキルス)

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2016/03-1

2016年04月、生検+CTの結果は肝臓に転移した進行胃がん(4型スキルス)だったことを告知されました。
Wikipedia 生体組織診断(生検)
Wikipedia スキルス

4か月後(2016年08月)

スキルス胃がん

2016年08月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • 抗がん剤の効果を確認するため

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2016/08

治療をはじめてから4か月後の内視鏡・胃カメラの画像です。胃壁の表面に広がっていたスキルス(白かった部分)は、ほぼなくなっていました。

でも、スキルスは胃壁(の中)を沿って進行するがんです。表面的に見えなくなっただけで、消えたわけではありません。

抗がん剤

サイラムザ+パクリタキセル(タキソール)3クール目

最初に投与した抗がん剤「TS-1+シスプラチン(ランダ)」は、効果はあったけど副作用が強く現れ1クールで断念。その次の抗がん剤として投与したのが、この「サイラムザ+パクリタキセル(タキソール)」でした。

副作用もまだ軽くて奏功したため、別の抗がん剤に変更しながら2年以上投与を続けることになります。

CVポートの埋め込み手術(造設)

点滴針を刺せる血管がなくなる

私はもともと血管が細く、数か月後には1回で点滴針を刺す(ルートを確保する)ことがむずかしくなってきました。治療を続けるため、上記のツイートをする数日前にCVポートの埋め込み手術(造設)をしています。

抗がん剤「タキソール(パクリタキセル)+サイラムザ」で土俵際から回復しはじめた私に、信頼する看護師さんがアドバイスをしてくれました。 CVポートって知って...

22176690

spacer

1年後(2017年04月)

スキルス胃がん

2017年04月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • 抗がん剤の効果を確認するため

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2017/04

治療をはじめてから1年後の内視鏡・胃カメラの画像です。

このころから、スキルス胃がんは進行も縮小もせずこの状態をキープしてくれるようになりました。そのお陰で、転移した肝臓がんの治療に集中することができました。

2016年4月にスキルス胃がん+転移性肝がんと分かり、末期がんと診断されました。それから1年4か月経った転移性肝がんを比較したCT画像です。 告知され...

抗がん剤

サイラムザ+パクリタキセル(タキソール)11クール目

このとき投与していた抗がん剤は、引き続きサイラムザ+パクリタキセル(タキソール)です。

2年後(2018年03月)

スキルス胃がん

2018年03月の内視鏡・胃カメラの記録
  • 内視鏡・胃カメラ検査をした理由
    • 抗がん剤の効果を確認するため

スキルス胃がん内視鏡・胃カメラの画像2018/03

治療をはじめてから2年後の内視鏡・胃カメラの画像です。スキルス胃がんは、引き続き進行も縮小もせず現状をキープしてくれていました。

抗がん剤

TS-1、7クール目

2017年10月より、転移した肝臓がんから、スキルス胃がんの治療に集中していく方針に変更。抗がん剤もTS-1に変更しました。

2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから1年6か月後の転移性肝がんを比較したCT画像です。 ...

私はTS-1の副作用が強く出るので、減薬・期間短縮で服用しています。

手術ができないスキルス胃がん+転移性肝がん。私には期待できる抗がん剤が少なく、TS-1はその中のひとつです。でも体に合わず、副作用が強く現れます。 そのT...

スキルス胃がんは、抗がん剤をTS-1に変更してからもほとんど変化がありません。でも、放射線状・星形に広がる独特の形を1年以上キープしてくれ、私はこの結果に大満足しています。

2年前は、もっと大きく広がっていました。進行の早いスキルス胃がんを抑えることができ、生死を分ける(私の場合)転移した肝臓がんも今のところTS-1で効果が確認できています。

もし仮にスキルス胃がんが進行した場合、全摘する。これは私の選んだ治療方法の条件です。そのときは、いま以上に体力が必要になります。そのためにストレッチ、筋トレ、ウォーキングなど運動を毎日続け、私は多くのものを手に入れることができました。

どんな治療を選んで続けるにも体力は絶対に必要ですし、食べ物でだけで体力を増やすことはできませんでした。これからも体力をアップ(キープ)する運動を中心に、毎日できることを続けていきます。

末期のスキルス胃がんと告知された私は、偏った情報に混乱し、極端な行動をして勝手に治療を続けられない体に弱っていきました。 これは、がんと告知されて私の身に...

2年目以降の記録画像は、こちら↓をご覧ください。

2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。手術はできず(胃摘してもあまり意味はなく)、抗がん剤だけで治療...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 抗がん剤だけで治療を続け、もし胃がんが進行したら全摘する覚悟はできている。
  2. これからも体力をアップ(キープ)する運動を中心に、生活習慣を改善し続ける。
  3. 体調が変化したときは主治医に相談し、原因をはっきりさせて対処する。

毎日更新【病院で聞けない】胃がんの話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
私にはみなさまの助けが必要です。どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えてください。よろしくお願いいたします。

当ブログは常時SSL(https)化でセキュリティを強化しています。無料Wi-Fiでもすべて暗号化されます。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る