がんを治すため【改善している生活習慣】基本の項目リスト一覧

mike-kenneally-01

がんを治すため、私が生活習慣の改善に取り組んでいる基本の項目リスト一覧です。

  • 食事
  • 運動
  • 生活リズム
  • ストレス

この中から、それぞれ1~2つずつ改善していった半年後、自分でもビックリするほど体調が良くなり、がんも小さくなっていました。その生活習慣を改善している私の体験談なども少々。

スポンサーリンク
Google AdSense PC

生活習慣の改善【食事】

体は、食べたものでできている」生活習慣の改善をはじめて、体が一番変化したと実感できたのが食事です。自分に合った食事方法を見つけるのは楽しいし、奥が深いです。

食べ方・食べる時間

  • 早食いをしない
  • 大食いをしない(腹八分目)
  • よく噛んで食べる
  • 食べてすぐ横にならない
  • 遅い時間(寝る前)に食べない

とくに改善して良かったのは、「腹八分目」と「遅い時間に食べない」。胃腸に負担をかけない(翌日にダメージを残さない)食べ方をすると、こんなに体調が変わるのか!?と驚いたのを覚えています。

食品・食材

  • 季節・旬の食材を食べる
  • 野菜・雑穀を意識して食べる
  • 苦手な食べものに注目する
  • サプリメントで補う
  • 加工食品を控える
  • 油っこいものを控える
  • 外食・お惣菜を控える
  • 間食・甘いものを控える
  • お酒をヤメる(控える)

栄養のバランスを考えるのに、苦手な食べものにも注目しました。偏食は、慢性的に不足がちな栄養があるかもしれません。どうしても食べられないものは、サプリメントで補っています。ちなみに私の場合は酸っぱいもの、クエン酸です。

味つけ・調味料

  • 濃い味つけを控える
  • 塩分・糖分を控える
  • スパイス・香辛料で工夫する

薄味にしてみて、濃い味つけは食べすぎることがわかりました。スパイス・香辛料は、味つけのバリエーションが増えて楽しく、ちょっとした化学実験の気分です。

kristian-olsen-01

生活習慣の改善【運動】

「無理をしない、安静にする」と「何もしない」は、ぜんぜん意味が違います。私はこれを勘違いして、がんで入院してしばらく運動をせず、ムダに体重(筋肉、体力)を落としました

体操・ストレッチ

  • ストレッチをする
  • ラジオ体操をする
  • 動的ストレッチをする

50歳を目前にしたオッサンからすれば、体操・ストレッチでも十分な運動。硬くなった関節は、ケガの原因にもなります。私は、一ヶ月以上ストレッチだけをして体を慣らしていきました。

軽い運動

  • 散歩・歩く
  • ウォーキング
  • 少し息が上がる程度にする
  • 家事をする・手伝う

栄養と酸素を、血液で全身に循環させる。そのために運動をして、心臓を少しずつ鍛えるのが目的です。ほんの少し息が上がる程度の軽い運動が、私にはピッタリでした。続けた結果、半年前と息の上がり方は全然違います。

筋トレ

  • つま先立ち
  • スクワット
  • 四股スクワット
  • フロントブリッジ

太ももは第二の心臓と知ってから、下半身と体幹を中心に、省スペースで比較的やりやすい筋トレをしています。それぞれにコツやポイントがあるので、よかったらググってみてください。

ふんわりした陽光のなかお昼寝する猫

生活習慣の改善【生活リズム】

生活リズムは、おもに睡眠時間を改善していきました。新しくはじめた生活習慣も、生活リズムに追加しています。

睡眠時間

  • 睡眠時間
  • 寝る時間
  • 起きる時間

睡眠時間の改善は、単純に「何時間寝る」より「寝はじめる時間」でコントロールをしています。

体を守る

  • うがい、手洗い
  • 歯みがき・フロス
  • マスクの着用
  • 不要な外出を控える
  • 除菌グッズ
  • タバコをヤメる(2014年から禁煙済み)

歯みがき・フロスには、とくに注意しています。フロスは歯の間をキレイにできるけど、歯ぐきを傷つけやすく何度か炎症になりました。ごはんも食べにくくなるので、やさしく慎重にしています。
参考 口コミ評価が高いフロス

Young Girl Starting New Day with Meditation in Her Bed

生活習慣の改善【ストレス】

がんのことを一日中考えていると、気がめいってきます。なにかとストレスは溜まってくるので、いろいろと息抜き・解消する方法を見つけていきました。

お風呂・入浴

  • ゆっくり入る

入院中、ゆっくりお風呂に入る大切さを実感しました。家にいるときは当たり前のように入っていたけど、お風呂はストレス解消の基本だと思います。

趣味・好きなこと

  • 没頭する
  • 新しくチャレンジする
  • 音楽を聴く
  • 本を読む

たとえ10分でも好きなことに没頭すると、ストレスが解消されているように感じます。新しいことにチャレンジするのも、なかなか面白いです。

深呼吸する・考え方を変える

  • 集中力のアップ
  • 瞑想
  • 焦らない
  • 怒らない
  • 急がない
  • 凹まない
  • 諦めない

一日が終わって、結局なにもしていない・できなかった。闘病生活がはじまって、これが一番つらかったです。少しでも前進するため、深呼吸は集中力を戻す・アップさせるきっかけにしています。

toa-heftiba-02

生活習慣を改善してみて

こだわりすぎると続かない

これが率直な感想です。絶対にしない・食べない、この時間、この回数など、細かく決めるほど続きませんでした。計画を立てすぎるのもダメでした。ただ座っているだけなのに、やった気になるので注意しています。

また、何かをはじめると、何かをヤメないといけない。ということもわかりました。テレビはほとんど見なくなりました。

やりながらシンプルに変えていく。

シンプルにするほど続けやすく、自分に合う生活習慣にもしやすいです。

こちらの記事↓もおすすめ。生活習慣の改善(免疫力のアップ)は、バランスが大切だと考えています。

免疫力を上げる・増やすことで、がんを治せるのではないか?どうすれば上がるのか、増やせるのか、その方法は?がん患者とその家族にとって切実な疑問で、私も当然調べ...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 改善する生活習慣を、食事・運動・生活リズム・ストレスに項目分けした。
  2. こだわりすぎると、続かなかった。
  3. やりながら、自分に合うシンプルな方法に変えていった。
  4. コツコツ生活習慣を改善したら、体調が良くなり、がんも小さくなっていた。
あとがき

注射をしたら、ご高齢の方ほど揉みたくなるようです。(個人的な感想)

  • 揉む → 筋肉注射など
  • 放置 → 皮下注射など
  • 押さえる → 採血など

わたしは、毎回看護師さんに聞きます。

トップへ戻る