出血性胃潰瘍の症状まとめ、タール便、吐血、セルフチェックなど

One Little Angry Cat

2016年3月のある日、突然気分が悪くなって吐血し、ぶっ倒れました。病院で緊急輸血され、そのまま入院となりました。

初期診断は、出血性胃潰瘍。後に、スキルス胃がんと判明しました。この2つの病気は根本的に違いますが、症状はよく似ています。そのときに感じた症状や、セルフチェックする方法のまとめです。

スポンサーリンク
Google AdSense PC

出血性胃潰瘍の症状(1)血便

出血性胃潰瘍は、止血しないと命に係わります。こんな症状に気がついたら、すぐに病院(消化器内科)へ行ってください

出血性胃潰瘍は、こんな血便(タール便)が出ます

血便(けつべん)とは、血の混じったウンチが出ることです。出血性胃潰瘍は、だいたい「タール便」という黒い血便が出ます。
Wikipedia メレナ

わたしはタール便を知らなかったため、胃(十二指腸)から出血していることに気づけませんでした。

わたしが体験したタール便の特徴
1. 黒い
2. キレがわるい
3. いつもより回数、量が増える

こんな症状に注意してください

とくに危険なのが「いつもより回数、量が増える」で、これは緊急事態のサインです。このときのタール便は、血が黒くなって固まっただけの「ウンチもどき」の可能性が大です。

便の回数、量が増えるということは、すでに(数時間かけて)相当な出血をしています。そんな出血が自然に止まるはずもありません。いつぶっ倒れてもおかしくない状態になっています。

また、タール便と体調の悪さは一致しません。回数、量が増えず、体調に影響しにくい出血でもタール便になります。タール便が出たときの体調で、病院に行くかどうか判断するのは危険です。

タール便をセルフチェックする方法

タール便のセルフチェックは、疑似体験するのが一番の方法です。

タール便は、イタリアンのイカ墨料理を食べた翌日のウンチに似ています。まだ経験のない人は、ぜひイカ墨パスタなど食べて体験してみてください。

お尻を拭いたトイレットペーパーを見れば、いつもと違う黒い汚れが確認できます。これで、いち早く体の異変に気づけると思います。

血便(タール便)の症状まとめ

1. 胃(十二指腸)から出血すると、タール便という黒い血便が出る
2. タール便が出るほどの出血は、自然に止血する可能性が低い
3. タール便に気がついたら、体調に関係なく病院(消化器内科)へ行く
4. セルフチェックは、疑似体験をして体の異変を素早く察知する

White Cat In Her Arms

出血性胃潰瘍の症状(2)吐血

もし吐血に気づかなかったら命が危ないです!そもそも吐血とは?ぜひ再確認してください

出血性胃潰瘍は、こんな吐血(嘔吐)をします

吐血(とけつ)とは、胃や十二指腸からの出血を嘔吐(おうと、ゲロ)することです。出血性胃潰瘍に限らず、吐血はだいたい「ブラックコーヒー色」をしています。
Wikipedia 吐血

わたしは「出血=赤い」と思い込んでいたので、自分が吐血したと思いませんでした。

わたしが体験した吐血の特徴
1. ブラックコーヒー色をしている
2. 吐く量は多くない(少量を数回)
3. ネバネバせずサラッとしている

吐血をしたときに感じた症状

わたしの場合、吐血する前後にこんな症状も感じました。これらの症状には個人差があり、出血した量でも違うと思われます。

  • めまい、フラフラする
  • 力が入らない、体が重い
  • 息が苦しい、空気がうすく感じる
  • 冷や汗、脂汗
  • 寒気、悪寒
  • 耳鳴り、耳が聞こえにくい
  • 手の震え、指先の冷え

さらに

  • 吐いたものが、ブラックコーヒー色

となれば胃(十二指腸)から相当量の出血をしていて、吐血したと判断していいと思います。

こうなったら様子を見ている場合じゃないです。体調は、急激に悪化することがあります。すぐに救急車を呼ぶ、または病院へ行ってください!

胃からの出血をセルフチェックする方法

あっかんべーをした「下まぶたの色」で、出血しているかどうかセルフチェックできます。

通常はマグロの「中トロ」のような色をしています。吐血するほどの出血になると「真っ白」になり、わたしの場合は大トロなんてレベルじゃなかったです。

下まぶたの色には個人差があると思われます。普段からチェックしていれば、体の異変に気づけると思います。

吐血の症状まとめ

1. 吐血は、ブラックコーヒー色をしている
2. 出血量が増えると、いろんな症状を併発する
3. 体調は、急激に悪化することがある
4. すぐに救急車を呼ぶ、または病院へ行く
5. 普段から、下まぶたの色をチェックしておく
あとがき

精密検査の結果は、ステージ4の胃がんでした。でも、あの日ぶっ倒れていなければ、胃がんの発見はもっと遅れていたと思います。

倒れてよかったです。

毎日更新【病院で聞けない】胃がんの話

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
私にはみなさまの助けが必要です。どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えてください。よろしくお願いいたします。

当ブログは常時SSL(https)化でセキュリティを強化しています。無料Wi-Fiでもすべて暗号化されます。

spacer

スポンサーリンク
Google AdSense PC
Google AdSense PC

この記事をシェアする

このブログをフォローする

トップへ戻る