抗がん剤【TS-1の副作用と対処法】減薬、期間を短縮してから6か月後

6609870

スキルス胃がん+転移性肝がんの治療をはじめて2年。抗がん剤を「パクリタキセル+サイラムザ」から、「TS-1」に変更して6か月が経ちました。

私はTS-1の副作用が強く出る体質で、減薬・期間を短縮しています。6か月が経ち、症状が変わってきた副作用、新しく現れた副作用のまとめです。

  1. 症状が変わったTS-1の副作用と私の対処法
  2. 新しく現れたTS-1の副作用と私の対処法
※ 抗がん剤の副作用には個人差があります。必ず主治医に相談してください。
スポンサーリンク
Google AdSense PC

症状が変わったTS-1の副作用と私の対処法

  • 3か月前と症状が変わった副作用
    1. 色素沈着
    2. 手足症候群
    3. 爪の変形
    4. 手足のしびれ(末梢神経障害)

1.色素沈着

範囲が増え続けている
副作用
TS-1の色素沈着は、肌が黒くなる副作用です。3か月前より範囲が増え、目の周りなど顔も全体的に黒くなってきました。睡眠不足で目にクマができたと嫁が思ったほどです。日焼けとも違い、手のひら・足の裏も黒くなっています。
対処法
女子ならちょっと悩むレベルになってきたと思うけど、引き続き、とくに対処はしていません。ただ、春先から秋口にかけて紫外線対策はしたほうがいいのかな?と少し思っています。

2.手足症候群

乾燥レベルが少しずつ悪化
副作用
私の症状は、手足の乾燥です。とくに指先は指紋がなくなってツルツル滑ります。スマホ、ペットボトルのキャップなど、よく落とすようになりました。足の裏もツルツルで少し歩きにくいです。
対処法
まだ皮膚が割れるほどじゃないので、引き続きヒルドイドを塗って対処しています。
ヒルドイド
指サックもするようになりました。いろいろ試した結果、私はリングタイプが使いやすかったです。
指サック(リングタイプ)
抗がん剤をパクリタキセル+サイラムザからTS-1に変更して約3か月、副作用に手足症候群の症状が出はじめました。 手足症候群は、初期の段階でひどくならないよ...

3.爪の変形

深爪になってきた
副作用
薄くなってカールするようになり、場所によって爪が浮くようになってきました。これが深爪の原因になっています。巻き爪とは違い、カールする方向も指によって違います。
対処法
次回の診察で主治医に相談し、皮膚科の受診などアドバイスをもらおうと思っています。

4.手足のしびれ(末梢神経障害)

しびれるタイミングが判明
副作用
手首と足首から先に、しびれを感じるときがあります。冷えた状態から、急に温めて血流がアップしたときにピリピリしやすいことがわかりました。
対処法
一定以上の体温があると血流がアップしてもしびれを感じないので、できる限り体を冷やさない工夫を少しずつ増やしています。

6609877

新しく現れたTS-1の副作用と私の対処法

味覚障害

味を感じないときがある
  • 甘味
  • 塩味
  • うま味
  • 苦味
  • 酸味

5種類ある味覚のうち、とくに甘味を感じないときがあります。体調によって副作用の強さが変わり、はっきりと味覚障害に気づいたのは10日前(2018/03/12)です。それまで自覚できていませんでした。

味覚症状に気づいたきっかけ

いつもの味じゃなかった

お気に入りのケーキ屋さんに人気のシュークリームがあって、1つを嫁とシェアして食べても満足するほどの大きさです。

その甘さがいつも以上に控えめで、すごく大人の味に感じました。嫁の「いつもの味でおいしい」という返事に、味覚障害の副作用が出ていることに気がつきました。

私の対処法

味つけは、嫁に任せる

味つけ(調味料の追加)は自分でせず、嫁に任せることにしました。そして、嫁と味覚障害を確認できる、いつも変わらない味つけ(食べもの)を探しはじめました。

味覚障害で注意すること

腎臓に負担をかけない

私にとって味覚障害は、色素沈着や爪の変形よりはるかに重大な副作用です。

転移した私の肝臓がんは手術がでず、抗がん剤治療が生命線です。効果が期待できる抗がん剤は腎臓に負担をかけやすく、TS-1に変更したのは負担のコントロールも含まれている治療計画です。

  • シスプラチン(プラチナ系)
  • サイラムザ(ラムシルマブ)
    など……

とくに、塩分の摂りすぎは腎臓に負担をかけます。治療を続けるためには、腎臓本来の健康な状態を維持すること。そのために、自分の味覚を信用せず、嫁に味つけを確認する習慣をつけはじめました。

また、症状を緩和するアドバイスや薬等が処方されたらまとめてお伝え致したいと思います。

胃がん+肝転移、ステージ4の治療を続けてもうすぐ2年。減塩しながら食生活の改善に取り組んでいます。 減塩は、抗がん剤の治療を続けるためにも絶対にクリアしな...
ステージ4の胃がん治療を続けて約1年半。病院で、どうしても手に入らないものがあります。 これを手に入れることが私の目標・目的であり、主治医との二人三脚をイ...
2016年4月、私はスキルス胃がん+肝転移でステージ4の末期がんと診断されました。それから1年半、がんを抗がん剤治療だけで小さくし続けています。 抗がん剤...

※ 症状が変わっていない副作用は、こちらをご覧ください。

スキルス胃がん、転移性肝がんの治療をはじめてもうすぐ2年。抗がん剤をパクリタキセル+サイラムザからTS-1に変更して約3か月が経ちました。 TS-1を減薬...

※ TS-1を減薬した理由等は、こちらをご覧ください。

手術ができないスキルス胃がん+転移性肝がん。私には期待できる抗がん剤が少なく、TS-1はその中のひとつです。でも体に合わず、副作用が強く現れます。 そのT...

【まとめ】考えたこと、やったこと

  1. 副作用の変化に注意して、チェック・記録をしておく。
  2. 味つけは嫁に任せ、味覚障害を確認できる食べものを探す。
  3. 嫁に味つけを確認する習慣をつけはじめた。
  4. 副作用の症状をまとめ、主治医に報告する。
トップへ戻る